「団結のドミナリア」リミテッド評価:白編

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

アルガイヴの騎兵
7点
戦場に出たときにトークンを生成できる。後援も持っており、3マナ3/3相当。

アルガイヴの密集軍
7点
2体クリーチャーが並んでいれば4マナ4/4警戒に。サイクルの他のカードと比較するとワンサイズ小さいが早期に唱えやすい。

弩弓破
7点
タップ状態のクリーチャーに版図+1のダメージを与える。使用に耐える除去カード。

ベナリアの信仰繋ぎ
7点
2マナ1/3警戒、後援。タフネスの高い後援持ちなので、相打ちせずにダメージを通せそう。

ベナリアの潜伏工作員
7点
キッカーした時はお互いにクリーチャーを生け贄になる。トークン戦術とシナジーのあるカード。

隊長の号令
7点
1/1クリーチャーを3体生成する。やや物足りないため、何かしらのシナジーと組み合わせたい。

カリスマ溢れる先兵
7点
全体修整を与えることができるクリーチャー。タフネス2なのが気になります。

市民の拘束
8点
汎用クリーチャー、プレインズウォーカー除去。ダブルシンボルなのでタッチでは使いにくい。

機械仕掛けの跳ね橋
6点
タフネスが3あるため序盤のブロッカーになるタッパー。3マナ掛かるのがやや重い印象を受ける。

邪悪を打ち砕く
6点
タフネス4以上破壊とエンチャント破壊を選べる。やっかいな大型クリーチャー、特にコモンのコスト軽減サイクルに当てたい。

庇護のグリフィン
4マナ2/3飛行。クリーチャーが戦場に出るたび+1/+1修整を受ける。多数のトークンと組み合わせて欲しいというデザイン。

英雄的突撃
6点
全体強化スペル。キッカーでトランプルも付与できる。横並べしてこれでフィニッシュという流れ。

柏槙教団の樹根織り
7点
2マナ2/2で、キッカーで3マナ3/3相当。とりあえず、デッキに入れられる白のクリーチャー。

メサの騎兵
7点
3マナ2/1飛行は悪くない。近年のカードと比較するとおとなしい性能になっている。
サマイトの薬草医
7点
タップ状態になるたびに1点ゲイン占術1で使いやすい2マナクリーチャー。後援でも能力が誘発する。
時間稼ぎ
7点
3マナで2体タップ1ドロー。5マナで2体麻痺1ドロー。
盾、構え
7点
+1/+1カウンターと絆魂、破壊不能を与えるインスタント。破壊不能に加えて絆魂が付いているのでリーサルを狂わせる使い方が多そう。

 

アンコモン

肉裂きの空乗り
8点
3マナ2/2飛行瞬速で十分強い。キッカーで攻撃クリーやーの分ダメージを与えられる。前半、後半どちらにプレイしても強い。

連合の空騎士
7点
4マナ2/2飛行、後援。攻撃時に後援すると地上クリーチャーに飛行を付与したような状況になる。攻撃するときに飛行を付与する系統は3マナのカードが多いのでやや重め。

加勢
7点
単純な攻撃面でみると3マナで+4点分とやや弱め。3マナと重いのはデメリット。アンタップできるので、上振れするとクリーチャー2体を1回のコンバットで一方的に打ち取れます。デッキが弱いときはこれを使ってシャクって勝つパターンも視野に入るか。

曙光の騎士
8点
2マナ2/2先制攻撃とスタッツはよく、パンプ能力も中盤、終盤で使いやすい。極めてブロックし辛いクリーチャー。ライフを得る点数が1増えるのはおまけ程度か。

夜と昼の恋歌
7点
Ⅰ章はお互い2ドロー、Ⅱ章は1/1飛行トークン、Ⅲ章はカウンターを1個2体に置く。

 

ファイレクシアの宣教師
8点
2マナ2/3絆魂と高スタッツ。墓地からクリーチャーを回収する能力を持ち、2枚あればお互いで回収し合える。

束縛の祈り手
8点
汎用追放除去に2点ゲイン付き。瞬速で土地でないパーマネントと非常に広い範囲のカードに対処が可能で強力な除去。

毅然たる援軍
7点
1/1が2体で2/2相当のスペックです。瞬速で2/1をシャクれるとおいしい。シナジーが強くなるデッキで採用したいカードです。

ルーン撃ち
8点
1マナのタップしているクリーチャーを除去できる。システムクリーチャーは除去しにくい。軽いためテンポは取りやすい。キッカーで占術ができるおまけも嬉しい。

シャライの侍者
7点
5マナ3/4飛行ということで、リミテッドでよく収録されるスタッツを持ちます。キッカーされると7マナ5/6。他の能力はついていないのでややもの足りない。

翼套の司祭
5点
単体では4マナ1/4相当。防衛シナジーがあるが防衛を集められる可能性との天秤にかけると微妙なパワーのカードか。

 

レア

選定された平和の番人
7点
3マナ3/3警戒で十分ハイスペック。指定された呪文と起動型能力のコストが(2)重くなる。対戦相手の手札にカードが無くても効力を発揮するのは《精鋭呪文縛り》との違い。

怒りの大天使
9点
キッカー無しでも飛行、絆魂を持っているので除去されなければゲームを決定付けることができます。キッカーすることでクリーチャーを除去できた場合はアドバンテージが大きくなります。最大限使うには色拘束が厳しいのだけが欠点。

ベナリアの希望、ダニサ
9点
5マナ先制攻撃、警戒、絆魂。戦場に出ると制圧力が高い。装備品を出す能力はおまけとしても強力なカード。放置できないため、スタッツを上回るか除去するしかない。

信仰を穢すもの
8点
5マナ5/5警戒と良いスタッツを持つ。5マナなので色マナ軽減はほとんどおまけ的効果。白のパーマネント呪文を唱えると1/1トークンが出せる。ダブルシンボルなので色マナ拘束が厳しく、タッチでは使いにくい。
新ベナリアの守護者
8点
後援を持ち破壊不能を得ることができるクリーチャー。膠着盤面でもアタックに行けるのが強み。

柏槙教団の樹根織り
8点
瞬速付き除去。版図2で4マナ相当。

一時的封鎖
7点
2マナ以下のパーマネントを追放できる。トークンデッキ相手には刺さる1枚。スタンダードのラクドスサクリファイスを壊滅させるカード。

雄々しい古参兵
8点
兵士ロード。どれだけ兵士を取れるかで評価は変わる。

 

神話レア

セラの模範
9点
4マナ3/4飛行。墓地から3マナ以下のパーマネントをプレイできる。アドバンテージを稼げて強力なクリーチャー。《ルールス》的な能力を持つ。

 

まとめ

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事や他の色の個別評価は下記のリンクからどうぞ。

 

スポンサーリンク