「団結のドミナリア」リミテッド評価:青編

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

アカデミーの壁
5点
固い壁。インスタントやソーサリーを唱えるとルーティングできる。

本質の散乱
7点
クリーチャーを打ち消すことができる。リミテッドでは対象には困りづらい。

消えない想像体
7点
2マナ2/1警戒。インスタントやソーサリーを唱えていればブロックされない。

勢いを挫く
5点
麻痺カウンターを3個置きアンタップを阻害するカードです。時間制限があるため2マナと比較的軽量になっています。

衝動
7点
ボムレアなどの強いカードを採用できた場合には少し点数を上げてよいカード。

否認
6点
ノンクリーチャーにしか当たらないのでタイミングを選ぶ。

ファイレクシア流諜報術
6点
3マナ2ドローと並のカードにキッカーでハンデスが付いてくる。

ピクシーの幻術師
7点
1マナ1/1飛行 or 5マナ3/3飛行。版図サポートの能力を持つ。

下支え
7点
+1/+1修整と呪禁を得られるコンバットトリック。軽量で使いやすいのが魅力。

飛翔するドレイク
7点
3マナ2/3飛行。非常にシンプルだが、3マナ2/3飛行界隈においてコモンのシングルシンボルとしては過去を振り返っても上位の存在。

タラスの見張り
8点
4マナ3/2飛行。死亡時にトップ2枚見て1枚を手札に加えられる。アドバンテージを得られるカード。

潮溜まりの亀
6点
4マナ2/5で固い。3マナで占術ができる。デッキのゲームプラン次第で入ってくるカード。

機を見た干渉
6点
基本は-1/-0修整1ドローのインスタント。キッカーすることでブロックを強制する。コンバットトリックとして1枚程度あると便利。

トレイリアの噴出
7点
クリーチャーを戻して1ドローのソーサリー。キッカーで3点ゲイン。

トレイリアの恐怖
7点
墓地のインスタント・ソーサリー分マナコストが軽減される。2枚あれば、5マナ5/5護法(2)。ファッティとしては護法があって使いやすい。

ヴォーダ海のあさり屋
6点
3マナ3/2に版図で占術ができるクリーチャー。

潮廻しのヴォルシェ
6点
インスタント・ソーサリーにしか使えないマナクリ。

 

アンコモン

ファイレクシア流諜報術
8点
2マナ2/1飛行なだけで偉い。2ターン目に出て来ても十分強力なスペックを持っている。後半に引けばキッカーで手札を捨てて2ドローとアドバンテージが稼げる。

戦闘研究
7点
戦闘ダメージを与えるとドローできるエンチャント。伝説につけば更に能力が付与される。回避能力持ちに付与したい。

珊瑚の群棲
5点
防衛LO要員。防衛をデッキに入れ過ぎると防衛シナジーでしか勝てなくなるのでコンボデッキよりになり構築が難しそう。

泉のジン
8点
インスタント・ソーサリーを唱えると願い事をひとつ叶えてくれる。攻撃した後、ソーサリーを唱えることで疑似警戒のように振る舞う。インスタントを握っておくと除去耐性があるのでフィニッシャー格。

アーテイの嘲笑
6点
3マナカウンター。ボムレアを弾く用途で使いたい。

第三の道の創設
5点
Ⅰ章でテンポ、Ⅱ章でサーチ、Ⅲ章でアドという形。リミテッドでは使い辛そう。

霜拳の徘徊者
8点
5マナ4/4護法(2)。戦場に出たときにクリーチャー1体を麻痺させる。デッキによっては連打してれば勝てそう。「ニューカペナの街角」の《スパーラの審判者》に近い。

連携探索
6点
2マナで占術2、1ドローとそこそこ。キッカーで手札から土地を出せる。成長のらせんに近い。

微小術師
7点
4マナ3/3という平凡なスタッツに加えて、1マナのインスタントかソーサリーをライブラリーから引っ張ることができるクリーチャー。切り崩しなど強力なスペルをサーチしたい。

交渉団の保護
7点
コンロールするクリーチャーの分1マナを要求するカウンター。キッカーされていればトークンが生成される。キッカーがある環境なのでマナを使い切りやすく、他環境と比較して刺さり易いカウンターになっている。

ローナの渦
7点
1マナでクリーチャーかプレインズウォーカーをバウンスできる。キッカーでボトムに戻すので疑似除去として使える。

 

 

レア

アカデミーの伝承師
7点
お互いドローが進んでいくクリーチャー。インスタントや瞬速を構えられればコスト増加は痛手ではなくなる。

霊気の媒介者
8点
3マナ2/1でトークン生成、バウンス、ドローから選べる。どの能力も強力で汎用性が高い。

夢を穢すもの
9点
5マナ4/3飛行とフィニッシャーになるサイズ。コスト軽減能力はリミテッドでは活躍の機会は少なそうです。青のパーマネント・呪文を唱えた際にドローできる能力は強力。

傲慢なジン
8点
3マナX/4飛行。墓地のインスタントやソーサリーの枚数分のパワーになり、さらにマナコストが軽減される。

ザルファーのフェイジング
8点
Ⅰ、Ⅱ章でクリーチャーを隠し、Ⅲ章ですべて破壊し2/2トークンに変換します。システムクリーチャーをⅠ、Ⅱ章の対象にして守る使い方もできます。相手のクリーチャーをⅠ、Ⅱ章の対象にして殴り切るというプランもあり。先読できるので、Ⅱ章、Ⅲ章からスタートでき調整ができるのはメリットです。アタックした後、これをⅢ章で唱えることで疑似的にアンタップできる小技も覚えておくとよさそうです。

銀の精査
8点
インスタントで5マナ3ドローの使い方が主になりそう。リミテッドではそれ以上で唱える場面もありそう。

ヴォーデイリアの呪詛抑え
7点
打ち消しとして使える。マーフォークは少ないのでロード能力は飾りになりそう。

ヴォーデイリアの精神詠い
8点
パワー以下のクリーチャーのコントロールを奪える。キッカーで奪う範囲が広がる。

 

神話レア

晴天のスフィンクス
9点
5マナ5/5飛行、護法(2)でフィニッシャー級。戦闘ダメージを与えるたびに手札にカードを加えられるのでアドバンテージも取れて強力なクリーチャー。

ヴェズーヴァの複製術
7点
アーティファクトorクリーチャーを対象に呪文を唱えるたびコピーを増やす。バットリで増やすイメージか。

 

まとめ

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事や他の色の個別評価は下記のリンクからどうぞ。

 

スポンサーリンク