「団結のドミナリア」リミテッド評価:無色編

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

無色:神話レア

生けるレガシー、カーン
9点
ちょっと使い辛いがリミテッドだと十分強力なプレインズウォーカー。色を選ばずデッキに入れることができるので、どの順手からでもピックできる。
+1:アーティファクトのみに使えるマナファクトを生み出す。あんまり活躍はできなさそう。
-1:奥義を目指さない場合はこちら。Xマナ払う必要があるがドローできる。アドバンテージが取れる能力は強い。
-7:+++で奥義に到達できる。アーティファクトをタップするとダメージが飛ぶようになるのでほぼ勝ちになる奥義。

 

アーティファクト:コモン

隕石
5点
5マナで2点のマナファクト。ぎりぎりプレイアブル。

発掘されたマナ労働機
6点
2マナ1/3のマナフィルター。多色デッキのお供。

発掘されたマナ労働機
5点
4マナ1/3で防衛をサーチできる。スタッツが貧弱なのが気になる。

勝者の斧
5点
装備品で+2/+0の修整を受ける。よくある装備品。

 

アーティファクト:アンコモン

自動司書
6点
3マナ3/2占術2。色事故しないのがポイント。「ニューカペナの街角」の《金属猫》に近い。

英雄の家宝
6点
+2/+1してくれる装備品。伝説だとトランプル、速攻付きになる。アグロ系デッキでは採用できそう。

刻まれたタブレット
6点
生け贄に捧げることでライブラリートップ5枚から土地カードを手札に加えることができる。外れても1ドローできるので使いやすい。3色以上のデッキを組んだ場合のマナサポートとして役立ちます。

ジョダーの写本
5点
版図でマナコストが軽減してドローすることができます。本体が重いのでやや使い辛い。

伝説の秘宝
6点
3マナのマナファクト。伝説がをタップするとさらにマナ加速できる。

歩く防壁
6点
防衛持ちクリーチャーを動かすことができる。他にも防衛持ちを取った場合に使うことになりそうです。

 

アーティファクト:レア

金色の大帆船
7点
攻撃するたびに搭乗したクリーチャーをブリンクできる。搭乗1だが、複数体のクリーチャーで登場することはできる。全員で乗った後に全除去したい。

 

アーティファクト:神話レア

カーンの酒杯
8点
メインの能力として、マナコストがX以下の土地でないパーマネントを破壊することができます。

永久の水蓮
4点
やや重いのと5色出せるメリットが少ないのが弱点。

 

完成化したウェザーライト
8点
無色なのでデッキを選ばない点は強い。トークンシナジーと合わせれば4個カウンターを載せることはできそう。

 

まとめ

この記事では「団結のドミナリア」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事や他の色の個別評価は下記のリンクからどうぞ。

 

スポンサーリンク