「兄弟戦争」リミテッド評価:赤編

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

苦々しい再会

6点

戦場で出たときにルーティングと、生け贄に捧げることで速攻を付与できる。
後半戦で役に立つ能力を持っているのでマナフラッド受けも兼ねてデッキに1枚くらい採用できそう。
セカンドドロー、果敢、生け贄とシナジーが多数ある。

 

徴集された歩兵部隊

5点

3マナ3/1で死亡時に1/1トークンを生成できる。
3マナ4/2相当なので並みの性能。

 

ドワーフの炉の詠唱者

5点

2マナ1/3で護法と果敢を持つ。
リミテッドではクリーチャーでない呪文の枚数は控えめなので果敢を活かしづらい。

 

採掘爆発

8点

クリーチャー、プレインズウォーカー、プレイヤーのどれかに3点のダメージを与え、パワーストンを生成する。
汎用的な除去に加えて、マナ加速もできる優れたカード。

 

ファラジの鎖舞士

6点

4マナ2/4で2マナで二段攻撃を得られる。

 

ゴブリンの爆風走り

5点

パーマネントを生け贄に捧げるたび+2/+0修正と威迫を得る。
生け贄に捧げていないとバニラなので活躍する機会は少ない。

 

ミシュラの支配

5点

自分のクリーチャーに付ければ+2/+2され、相手のクリーチャーに付ければそれではブロックできなくなる。
基本的には使わない方がよいエンチャント。

 

ミシュラの猛攻

5点

1/1のアーティファクト2体生成か全体+2/+0修正の2つのモードから選ぶ。
状況が噛み合えば強いが基本的には弱め。

 

ペンレゴンの剛牛

6点

3マナ2/3でアーティファクトを生け贄にすることで+1/+1修正を受け、対戦相手に1点飛ばす。
赤黒の生け贄をキーワードとしたアーキタイプで強く使えるクリーチャー。
赤黒を視野に入れる場合はピックしておきたい。

 

焼き討ち

5点

アーティファクトを破壊し、マナ総量が1以下であれば1枚引くことができる。
条件が厳しいのがアーティファクト・クリーチャーが多い環境なのでメイン採用も要検討。

 

ロック鳥狩り

6点

2マナ3/1で到達を持つ。
打点が高く、飛行持ちとも相打ちできる。

 

拮抗する兄弟

5点

アーティファクトかクリーチャーのコントロールを奪い、パワーストーンのおまけ付き。
赤黒の生け贄アーキタイプに進む場合は確保しておきたい。

 

トマクルの屑鉄鍛冶

6点

3マナ2/1で戦場に出たときに3枚切削し、切削された中からアーティファクトを手札に戻せる。
または+1/+1カウンターを置いて3/2になる。
アドバンテージを取れる可能性のあるクリーチャー。

 

拡散砲

6点

クリーチャーかプレインズウォーカーに5点のダメージを与え、コントローラーにさらに2点与える。
やや重いものの除去できる範囲の広い火力になっている。
入れすぎるとテンポ損が大きくなるので、1枚程度の採用に抑えたい。

 

旋回斬り

5点

+2/+0修正と先制攻撃、トランプルを与えるインスタント。
コンバットトリックとしては使いやすい。
大型クリーチャーに付けるとトランプルも活かせる。

 

奇襲用自動機械

5点

3マナ3/2か7マナ6/4かを選べて、速攻を持っている。
3マナ3/2速攻は基本的に弱い

 

ミシュラの巨大戦車

5点

5マナ5/3トランプルで毎ターン攻撃が必須。6マナで蘇生可能。
《巨大戦車/Juggernaut》の弱点であった突破力の無さがトランプルで補われている。

 

屑鉄造りの雑種犬

6点

2マナ2/1で戦場に出たときルーティングができ、蘇生持ち。
マナフラッドとマナスクリューを受けられるカードなので赤系デッキでは確保しておきたいカード。

 

アンコモン

軍拡競争

5点

手札のアーティファクトのコストを踏み倒して出すことができる。
リミテッドでは本体が4マナと起動コストが4マナで重めなため使い辛い。

 

クルーグの陥落

5点

土地破壊とプレイヤーに3点とクリーチャーに各1点を与えるカード。
各種の能力を持っているが6マナと重いのがネック。

 

巨大焦がし大口

7点

トランプルとライフゲイン不可の能力を持つ、3マナ4/3と優秀なスタッツを持つ。

 

有角の石探し

8点

2マナ2/2威迫で戦場に出たときパワーストーンを生成できる。
戦場を離れたときにパワーストーンを1つ生け贄にする。
威迫持ちであるため戦闘で相打ちしにくいので、かなり使いやすいカード。

 

採掘の神童、ミシュラ

7点

3マナ2/1速攻でルーティングとカードを捨てるたびに赤2マナが加わる能力を持つ。

 

僧院の速槍

6点

1マナ1/2で速攻と果敢を持つ。
リミテッドではクリーチャー主体になるため、果敢が誘発する機会は少なめ。

 

抹消する稲妻

8点

クリーチャーかプレインズウォーカーに4点のダメージで、死亡するなら追放する。
汎用性の高い除去。

 

代償破

6点

追加コストでクリーチャーを生け贄にし、生け贄に捧げたクリーチャーのパワー分のダメージを与えて、カードを1枚引く。
アド損はしないもののテンポ損はする。
また、4マナと少し重い。

 

サルディアの岸壁踏み

4つ以上の山をコントールしていれば、山の数のパワーになれる。
赤を軸としたデッキを組めれば序盤はブロッカー、後半はアタッカーとして運用できる。

 

ファラジのドラゴン・エンジン

6点

3マナ1/3飛行か8マナ5/5飛行かを選べる。火吹き能力も持つ。

 

重量級破砕機

6点

7マナ8/6威迫とビックサイズ。
デメリットとして3マナ払わないとタップ状態になってしまう。
蘇生は8マナと重い。

 

ミシュラの研究机

6点

衝動ドローと蘇生を持つアドバンテージ源。

 

レア

兄弟仲の終焉

8点

全体に3点とマナ総量が3以下のアーティファクトを破壊するモードを持つ。
どちらも状況を選ぶがハマったときの効果は抜群

 

ロノムの発掘家、フェルドン

6点

速攻とダメージを受けるたび衝動ドローができる能力を持つ。また、ブロックできない。

 

機械化戦

6点

赤やアーティファクトがダメージを与える場合、ダメージに+1される。

 

ミシュラの命令

8点

4つのモードから2つを選ぶ。ルーティングとクリーチャーorプレインズウォーカーへの火力と+X/+0修正、速攻を与える。
リミテッドではクリーチャーへの除去におまけが付いているカードになる。

 

やり過ぎ

6点

土地でないパーマネント分ライブラリーをめくり、その中のパーマネントをすべて戦場にだせる。
若干重いもののやりすぎなカード。

 

カー峠の暴君

9点

6マナ4/5飛行で戦場に出たときに4点ダメージ。火吹き能力も持つ。
除去とフィニッシャーを兼ねるボム級のクリーチャー。

 

ファイレクシアの幻視

7点

毎ターン衝動ドローに加えて、そのカードを唱えていなければパワーストーンが生成される。

 

神話レア

ドラゴンの運命

8点

+1/+1修正と飛行、速攻と火吹き能力を与えるエンチャント。
エンチャントしたクリーチャーが死亡してもこのエンチャントは手札に戻るのでオーラ特有のアド損しづらい。

 

瞬足光線の大隊

8点

5マナ2/2を3体か、9マナ4/4を3体か選べる。トランプルと速攻付き。

 

まとめ

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事やカードの個別評価は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク