「兄弟戦争」リミテッド評価:多色編

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

アンコモン

大石弓の技師

3マナ2/2で好きな対象に1点のダメージ、クリーチャー1体に+1/+1カウンタと速攻、パワーストーン生成の3つのモードから1つを選ぶ。
3マナ3/3速攻相当なので十分強く、状況によって他の2つも選ぶことができる汎用性の高いクリーチャー。

 

電池持ち

7点

3マナ3/4でクリーチャーにマナ能力を与える。
6マナ以上のアーティファクトを唱えるたびにカードを1枚引ける。
試作のアーティファクトを使用して欲しがっている。

 

統合の福音者

7点

戦場に出たときにルーティングできる。セカンドドローで+1/+0修正と威迫を得られる。
スタッツが2マナ2/3で優秀なのも採用しやすいポイント。

 

ファラジの先兵

7点

クリーチャーが戦場に出るたびに+2/+0修正を与えることができるクリーチャー。
高い打点が見込めるのでアグロ系デッキで採用したい。

 

砂丘の英雄

8点

5マナ3/2で戦場に出たとき3マナ以下のアーティファクトorクリーチャーを戦場に戻せる。
3マナ以下のクリーチャーに+1/+0修正を与える能力も持つ。

 

 

廃品置場の天才

7点

3マナ2/2で戦場に出たときにパワーストーン1個を生成する。
クリーチャーやアーティファクトを生け贄にすることでこれ以外のクリーチャーに+1/+0修正と威迫、速攻を与えることができる。

 

空漁師の蜘蛛

8点

4マナ3/3到達で戦場に出たときにクリーチャーを生け贄にすることで、パーマネントを1つ破壊できる。
死亡したとき墓地のクリーチャーの数分ライフゲインすることができる。

 

玩具職人、タウノス

8点

クリーチャーでない呪文を唱えるたびに1/1トークンを生成できる。

 

ヨーティアの造反者

6点

アーティファクトが戦場に出るたびに、+1/+1カウンターを置くことができる。

 

ヨーティアの戦術家

8点

4マナ3/4の兵士ロード。
青白兵士に行くならば是非確保しておきたい1枚。

 

レア

大石弓の技師

7点

墓地のクリーチャーの数だけ好きな色マナを加えることができる。
スタッツも5マナ3/5でまあまあで、特に試作持ちクリーチャーなどを素出しするのに役立つ。

 

忠実な護衛、ハジャール

7点

2マナ3/3と優秀なスタッツを持つ。
生け贄にすることで伝説のクリーチャーに+1/+0修正と破壊不能を与えることができる。

 

先兵の飛行士、ハービン

8点

2マナ3/2飛行と優秀なスタッツを持っている。
5体以上の兵士で攻撃したときに全体+1/+1修正と飛行を与えることができる。
条件を達成しなくても2マナ3/2飛行だけで即採用できる。

 

軍勢を灰に

8点

3マナで土地でないパーマネントを追放できる。
同じ名前のトークンもすべて追放される。
万能除去として採用できる。

 

マク・ファワを手懐ける者、ミシュラ

8点

コントロールしているパーマネントに護法を付与できる。
また、墓地のアーティファクトが蘇生を持つ。

 

カイラ・ビン・クルーグ女王

7点

手札入れ替えし、手札からマナ総量がそれぞれ1,2,3のカードを戦場に出すことができる。
リミテッドでは能力を十全に発揮するのは難しいか。

 

玩具職人、タウノス

7点

5マナ3/5でビーストや鳥を唱えるたびにそのコピーを生み出すことができるクリーチャー。

 

採掘場の師、トカシア

8点

コントールしているクリーチャーすべてが警戒と諜報1を持つ。
墓地から8マナ払うことで墓地のアーティファクトをマナコストが10以下になるように戦場に戻せる。
4マナ4/3でスタッツも悪くない。

 

クルーグ公、ウルザ

8点

コントロールしているアーティファクト・クリーチャーは+2/+2の修正を与える。
6マナでアーティファクトを対象にして1/1のコピートークンを生み出すことができる。

 

神話レア

金線使い、サヒーリ

9点

ドロー、トークン生成、全体修正とコスト軽減の3種類の能力を持つ。

 

サリンスの大ワーム

7点

6マナ7/6とビッグサイズにトランプルを持つ。
土地が戦場に出るたびにパワーストーンを生成する。
対戦相手の土地が出た場合でもトークンが生成されるのも忘れないように。

 

刃とぐろの蛇

8点

青を支払えばドロー、黒を支払えばハンデス、赤を支払えばパワー修正とトランプル、速攻を持って戦場に出る。
6マナ5/4とサイズ感を悪くない。
色が1つでも合えばピックしておける強さ。

 

土の勇者

8点

緑を支払うことでカウンター3個、白を支払うことでカウンターを2個撒くことができる。
緑白軸のデッキで強く使うことができる。

 

まとめ

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事やカードの個別評価は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク