「兄弟戦争」リミテッド評価:無色編

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしていきます。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

点数表の見方

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

飛空士の翼

5点

パワー修正と飛行を与える装備品。

 

エネルギー屈折体

6点

戦場に出たときに1ドローできるマナフィルター。
青黒セカンドドローのアーキタイプにも入る。
「兄弟戦争」環境ではマナサポートが極めて少ないのでボムレアをタッチする際に必要となるため、場合によっては確保を要する。
本体もアーティファクトであるためマナフィルター以外の用途でも活用できるようにしておきたい。

 

ゴブリンの焼夷弾

5点

計8マナでパーマネント1つを破壊できる。
カラーリング的には今環境最大のランプデッキである、青緑ランプに合った1枚。

 

鉱山の作業員

6点

タップすると1点ゲインできる。他に作業員が2種類いれば3点ゲインになる。

 

魔力炉の作業員

6点

3マナ支払うことで+2/+2修正を受けられる。
他の作業員が2体いればさらにカウンターが2個置かれる。
3種類を揃えるのは難しいが、5マナ4/4とスタッツは悪くない。

 

物資投下

6点

色を選ばないコンバットトリックでマナフラッド受け機能付き。
これ自体がアーティファクトとして戦場に残るので、《マイトストーンの稼動力》のようなカードと組み合わせることができる。

 

速歯車のドレイク

6点

5マナ2/4飛行、速攻。
戦場に出たときに墓地のカード1枚をライブラリーの下に送れる。
蘇生対策として使えるので1枚くらいあると便利。

 

塔の作業員

3マナ1/3到達とマナクリーチャーであるためスタッツはやや低め。
他の作業員が2種類いると3マナ生み出すことができる。

 

アンコモン

アルガイヴの報復者

7点

6マナ5/5が標準で、1マナ払ってサイズダウンすることで飛行、警戒、接死、速攻のどれかを得られる。

 

浮遊する像

2マナでクリーチャー化が可能で、飛行を持ちクリーチャーでない呪文を唱えるたびに成長する。

 

修復された飛行機械

7点

3マナ2/1飛行に蘇生付き。
どの色でも使える飛行クリーチャーなのでドラフトで色を決める前にもピックしやすい点は高評価。

 

金屑石の精錬所

4点

アーティファクトが戦場を離れるたびにパワーストーンを生成できる。

 

光波の歩哨

5点

プロテクション(多色)と基本でない土地を対戦相手が出すと1点ゲインできる。

 

鋼の模範

5マナ4/4トランプルでスタッツはよい。
2色以上のマナが支払われていない、5マナ6/6になる。
単色で強く使えるカード。

 

洞窟の番人、スー=チー

7点

8マナ8/8警戒、護法(4)を持つ。
死亡時に8マナ生み出される。
警戒で攻守で活躍できる点は評価できる。

 

均整のマトリックス

6点

パワーとタフネスが等しいクリーチャーが出るたびドローできる。

 

スランの魔力鎧

5点

護法(2)とついているオーラ、装備品の分修正を受けられる。

 

レア

ウルザの空戦艇、リベレーター号

8点

3マナ1/2瞬速、飛行。無色かアーティファクトを瞬速で唱えられるようになる。
呪文のマナコストがこれのパワーより大きい場合、カウンターを置いて成長できる。

 

停滞の棺

5点

1ターンの間、プロテクション(すべて)を得ることができる。
《濃霧/Fog》的な戦闘ダメージを無効にする使い方やプレイヤーを対象に取るハンデス等を無効化できる。

 

石の脳

4点

指定したカードを対戦相手から取り除く。
構築ではコンボデッキ対策に使用することができるが、リミテッドでの活躍の機会は少ない。

 

スランの蜘蛛

7点

3マナ2/4到達とよくある蜘蛛のスタッツ。
戦場に出たときお互いにパワーストーンを生成する。
7マナでライブラリートップ4枚からアーティファクトを手札に加えるマナフラッド受け能力を持つ。

 

神話レア

街並みの地ならし屋

7点

呪文を唱えたときと攻撃したときに土地でないパーマネントを追放し、代わりにパワーストーンを生成する。

 

ファイレクシアへの門

7点

戦場に出たときに対戦相手はクリーチャーを3体生け贄にする。
アップキープに墓地からクリーチャーを戦場に戻せる。

 

まとめ

この記事では「兄弟戦争」のリミテッドにおける点数評価をしてみました。カードの点数はゲームプランや他のカードとの組み合わせで変動することもあるので評価が難しいところですよね。是非、ドラフト・シールドの参考にして下さい。

ドラフト攻略記事やカードの個別評価は下記のリンクからどうぞ。

スポンサーリンク