SpellTableがリモート対戦におすすめ!使い方と特徴を解説!

この記事では昨今需要の増えるリモート対戦を行う際に、紙のカードで行うマジック:ザ・ギャザリングで使うと便利な「SpellTable」について紹介していきます。マジック:ザ・ギャザリングはMTGの中でも特に統率者戦(EDH)の対戦に特化されたツールになっています。

リモート対戦とは

「リモート対戦」はテーブルトップ(紙)のカードを使い、Webカメラを用いてオンライン上で対戦することをいいます。PCの他には盤面を映すカメラと通話に使用するマイクが必要になります。

ネット上のコミュニティで知り合った方同士のような遠隔地に住む友人でも、紙のカードを使用してプレイしたいうという場合にWebカメラを使って対戦するという需要は少なからずありました。そこに、2020年頃の新型コロナウイルス感染症対策のため、在宅時間が長引くために巣ごもり需要が高まり、カードゲームの「リモート対戦」の需要も大きくなりました。店舗でも感染症対策のために対戦スペースが閉鎖されていたという背景もあります。

MTGの場合は「MagicOnline」や「MTGアリーナ」のアプリがリリースされていますが、資産の都合でアプリ上でデッキを組めず紙のカードしか持っていないといった場合や、サポートしているフォーマット以外で対戦がしたい場合にリモート対戦が活躍します。

リモート対戦には何が必要?

リモート対戦を行うには「デバイスの準備」と「コミュニケーションツールの導入」が必要になります。一番簡単な構成だと、「PC」+「カメラ」+「マイク」+「SpellTable」というような構成になります。

「デバイスの準備」については、mtgの公式から下記のようなフローチャートが公開されているので、是非参考にしてみて下さい。

 

「リモート対戦」に使えるマイク、ヘッドセット、Webカメラのおすすめ製品をまとめた記事も合わせてお読みください。

Spell Tableがおすすめな理由をレポート

Discordなどでテーブルトップのリモート対戦(ネット対戦)をプレイする機会が多くなりました。「SpellTable(スペルテーブル、旧:Virtual EDH)」という、PCのインターネットブラウザ上で画面共有ができるサイトを使ってみたので、簡単に使用レポートをしたいと思います。

インストール不要でウィザーズアカウントが使える

「SpellTable」はPCのブラウザ上で使えるアプリで、PCへのインストールは必要ありません。

「SpellTable」のアカウントは「ウィザーズアカウント」を使用することができます。「ウィザーズアカウント」はMTGアリーナへのログインやテーブルトップの店舗大会、MTGコンパニオンの使用のために登録が必要なアカウントなので既にお持ちの方が多いと思います。

ライフ管理が簡単

SpellTableの画面構成は上の画像のようになっています。ライフ管理がブラウザ上でできるので、スマートフォンのアプリを使って表示したりする必要がなくなります。

また、統率者ダメージや毒カウンターのカウントの管理にも対応しています。

個別プレイヤーの拡大表示もできるのでEDHだけでなく通常の一対一の対戦でも活用できそうです。

また、Discordよりも綺麗なカメラ映像を表示することができるので、Discordだと綺麗に映らないという人も試してみるといいかもしれません。

ランダマイズ機能、プレイヤー順の並べ替え機能

ランダマイズ機能も付いているので、ゲーム開始時にはボタンひとつでターンの進行順を決めることができます。サイコロを振る手間もありません。

設定でプレイヤーの順番を並び替えることができます。プレイ順を間違えることが少なくなるのでとても便利です。この機能はGame Hostのみ使用することができます。設定の「Manage Players」を選択してプレイヤーの順番をドラッグ&ドロップで動かします。

Discordでは人によって並び順が異なっていたり、並び替え機能がありません。プレイ順に並び替え変えができるだけでかなり快適にプレイすることができます。

カード画像識別機能がある

カード画像の識別機能がついています。テキストの分からないカードをクリックするとカード画像を確認することができます。EDHでの対戦だとプレイできるカードの種類がとても多いので「そのカード何ですか?」という機会が多くなりがちです。SpellTableではテキストを直接確認でき、確認したカードの履歴も残るのでカードの効果を確認しやすいです。

カード画像日本語化

カード画像は英語で表示されるようになっていますが、非公式のツールを使えばカード画像を日本語化することができます。興味のある方はこちらのリンクからどうぞ。

観戦機能

「SpellTable」を統率者戦を見学したいこともあると思います。統率者戦を4人プレイしている際に5人目以降としてはその卓には入ることができません。そんなときに役立つのが観戦機能です。SpellTableのリンク語尾に「?spectate=true」をつけることで観戦用のページを開くことができます。

まとめ

「SpellTable」は統率者戦を遊ぶのにとっても便利なサイトでした。以前はDiscordで対戦していましたが、「SpellTable」の方が便利なのでこちらを使っていきたいと思います。

スポンサーリンク