【EDH】《波止場の恐喝者》コンボ

《波止場の恐喝者》コンボ

《波止場の恐喝者》を使用した無限コンボはEDHでも非常に強力で有名なコンボになっています。

《波止場の恐喝者》は戦場に出たときに対戦相手がコントロールしているアーティファクトとエンチャントの総数分の宝物・トークンを生成することができます。統率者戦ではマナファクトや強力な妨害エンチャントが置かれることが多いのでかなりの数の宝物・トークンが期待できます。

この記事では《波止場の恐喝者》を使用した無限コンボを見ていきたいと思います。

コンボの組み合わせ

赤単色

《雲石の工芸品》は戦場に出たパーマネントと共通のタイプであるパーマネントを手札に戻すことができます。《波止場の恐喝者》の他にクリーチャーがいれば、対戦相手のコントロールするアーティファクトとエンチャントの数次第で無限マナへ突入することができます。

赤白

《嵐前線の乗り手》は戦場に出たときに、クリーチャー2体を手札に戻すことができます。《波止場の恐喝者》の2マナと《嵐前線の乗り手》の5マナで計7マナで無限ループが可能です。《波止場の恐喝者》で8マナ以上生み出すことができれば無限マナが成立します。

《祝福されたエミエル/Emiel the Blessed》は3マナでクリーチャーをブリンクすることができます。《波止場の恐喝者》で4マナ以上生み出すことができれば無限マナになります。

青赤

《狙い澄ましの航海士》は結魂しているクリーチャーを2マナでブリンクすることができるクリーチャーです。《波止場の恐喝者》で宝物・トークンを3個以上生み出せるようになっていれば、無限ブリンクからの無限マナが達成できます。

《練達の魔術師バリン/Barrin, Master Wizard》でも無限マナを得ることができます。2マナ+宝物・トークンを生け贄にすることで《波止場の恐喝者》を手札に戻し再度唱えるという手順です。《波止場の恐喝者》で宝物・トークンを6個以上生み出すことができれば無限キャストから無限マナを得ることができます。

黒赤

《波止場の恐喝者》と《死体のダンス/Corpse Dance》とサクリ台を揃えることでコンボになります。《死体のダンス》で釣り上げたクリーチャーは終了ステップの開始時に追放されてしまいますが、サクり台で生け贄にすることで墓地に落とすことができます。《死体のダンス》のバイバック分の5マナを《波止場の恐喝者》で生み出すことができれば、無限ループとなります。

赤緑

《ティムールの剣歯虎》でも無限コンボが可能です。2マナでクリーチャーを手札に戻すことが可能な能力を持っています。能力起動の2マナと《波止場の恐喝者》の再キャスト分で4マナ以上生成できれば無限ループ、5マナ以上で無限マナになります。

スポンサーリンク