【高騰】帳簿裂き/Ledger Shredder【2022年8月】

今回の記事ではテーブルトップのマジック:ザ・ギャザリング(MTG)で現在高騰中の《帳簿裂き》を紹介します。

カードテキスト

《帳簿裂き/Ledger Shredder》は「ニューカペナの街角」に収録されたクリーチャー・カードです。

《帳簿裂き》はプレイヤーが各ターン2つ目の呪文を唱えたときに「謀議」する能力を持っています。軽量呪文が強く複数行動できるデッキほどこの能力が誘発する可能性が高まります。スタンダードでも使われていますが、パイオニア以下の下環境になるほど《帳簿裂き》を強く使うこともできます。

2マナ1/3飛行と素のスタッツも優秀で「謀議」すればサイズが大きくなっていきます。自分と対戦相手の呪文のプレイに反応するので成長速度は想像より早いです。簡単に大きなサイズになるため、青い《タルモゴイフ》なんていわれることもあります。

価格の推移:300円→5000円

《帳簿裂き》のシングル価格は収録時から上昇を続けて300円代と並のレア程度の価格から、今では5000円を超えるまでに値上がりしています。レアリティがレアであり、スタンダードでも使える新しいカードで5000円代になるカードはなかなか珍しいのではないでしょうか。

出典:Wisdom Guild

高騰の理由

様々なフォーマットで使われていて需要が非常に高いことが《帳簿裂き》の高騰の理由です。スタンダードではエスパーミッドレンジ、パイオニアではイゼットフェニックス、モダンではイゼット・ラガバン、レガシーではイゼットデルバーというように幅広いフォーマットで採用され活躍しています。また、EDHでも複数の対戦相手のターンにどんどん大きなサイズになるので採用されるデッキもあります。

収録されている「ニューカペナの街角」は2022年秋のローテション後も使えるセットなので、スタンダード落ちの影響を受けることもありません。スタンダード目線でみても価格が落ちることは無さそうです。

2022年11月4日発売予定のチャレンジャーデッキ2022「イゼット・フェニックス」に《帳簿裂き》が採用される可能性がいくらかあり、そこで価格変動が起きる可能性があります。ただし、「イゼット・フェニックス」のデッキはパッケージの《弧光のフェニックス》だけでもデッキの価格の大部分を占めるはずなので、《帳簿裂き》の採用枚数は少ないと予想されます。もし、デッキに4枚封入されるようであれば、《帳簿裂き》の価格はリーズナブルになるかもしれません。

まとめ

今回の記事では現在高騰中の《帳簿裂き》を紹介しました。環境初期は非常に安価なカードであったので、発売当初から強さを見抜いて買えた人はすごいですね!カードの強さを見抜く目が欲しいです。

スポンサーリンク