【高騰】墓地の侵入者/Graveyard Trespasser【2022年8月】

今回の記事ではテーブルトップのマジック:ザ・ギャザリング(MTG)で現在高騰中の《墓地の侵入者》を紹介します。

カードテキスト

《墓地の侵入者/Graveyard Trespasser》は「イニストラード:真夜中の狩り」に収録されたクリーチャー・カードです。日暮/夜明で変身する狼男である両面カードになっています。

戦場に出たときか攻撃するたびに墓地のカードを追放する能力を持ち、クリーチャーであるならば枚数分のドレインをすることができます。3/3と比較的普通のスタッツですがドレインによって対戦相手のライフを削ることができるので、見た目以上にクロックが早いクリーチャーです。自分の墓地のクリーチャーを追放することでもドレインすることが可能です。また、夜になると4/4になり墓地を追放する枚数も最大2枚となり、高クロックに変身することになります。

護法によってカードを1枚捨てることを求めるため、単体除去に対して強く、アドバンテージを取れるようになっているのも魅力です。

価格の推移:300円→800円

《墓地の侵入者》のシングル価格は100円台と低価格でありましたが、一度上昇を見せて300円台になりました。7月中旬からさらに上昇をみせて現在では800円台まで値が上がりしています。

高騰の理由

《墓地の侵入者》が高騰している理由は主にスタンダードとパイオニアで使われていることになるでしょう。一段階目の上昇はカードがある程度使われるようになり能力が評価されたことが理由になると思います。二段階目の上昇はパイオニアでよく使われていること、2022年秋のローテション落ちしないことで確保したいという需要が高まっていることが挙げられると思います。

パイオニアではラクドスミッドレンジの主戦力の1枚として活躍しています。護法によるアドバンテージの確保、メインボードから墓地対策を兼ねられるという点が大きく評価されているようです。墓地対策によってイゼットフェニックス、脂牙系デッキに強くなっています。

まとめ

今回の記事では高騰中の《墓地の侵入者》を紹介しました。現在上昇中のようなグラフに見えるので、これからも価格が上昇する可能性も秘めた1枚だと思います。

スポンサーリンク