【雑記】炎の騎兵は今弱い?

ティムールエレメンタルについて

かーむブログさんにティムールエレメンタルでミシックに到達したという記事が掲載されていたので少し考えたことを書いておきたいと思います。

デッキリストは以下の通りです。《樹上の草食獣》が抜かれ、《鍛冶の神のお告げ》が入っているのが特徴的です。

炎の騎兵は今弱い?

《炎の騎兵》もエレメンタルであり、多少のシナジーもあるため採用できるカードのように一見思えます。しかしながら、戦場に出たときにアドバンテージを生まないカードなので「ジェスカイルーカファイアーズ」相手では下記の理由により不利なため、採用されてないように考えます。

  • トランプルが無くトークンにチャンプブロックされる
  • 戦場に出たときにアドバンテージを生まないため《裏切りの工作員》、《エルズペス、死に打ち勝つ》で対処される
  • 《覆いを割く者、ナーセット》を戦場に出されているとルーティングができない
  • 速攻で出すなら7マナ必要なので、採用するのであれば《終末の祟りの先陣》でよい

ちょっと話はそれますが《炎の騎兵》といえば、騎兵をキーカードにした「ジェスカイケルーガファイアーズ」のイメージがあります。上記と同様の理由でデッキ構築レベルで「ジェスカイルーカ」に《炎の騎兵》が弱いので、今のメタゲームでは「ジェスカイケルーガファイアーズ」は使うだけ不利なデッキになっていそうです。

《空を放浪するもの、ヨーリオン》を相棒としているため、《発現する浅瀬》等をブリンクすることでマナが伸びやすくなっています。そのため、《終末の祟りの先陣》はありな選択に思えます。デッキが80枚になっているため、サーチとフィニッシャーを兼ねる《破滅の終焉》も選択肢に入りそうです。

デッキ全体としては「荒野の再生」、「サイクリング」にはかなり厳しそうな印象。タップインランドも多いのでアグロにも苦戦そうですね。そこを割り切ってデッキ選択をできるかどうかも大事ですね。

twitterで気になったデッキ

シミック変容、グルール変容

シミック変容も面白そう。全体除去がやはり辛いのでジェスカイルーカなどのコントロール系デッキがどれだけメタゲームにいるかになりそう。

シミック変容に続いてグルール変容。《永遠羽のフェニックス》で飛行が得られるのが強そう。シミックより相手に干渉しにくいのでマリガン基準がより厳しそうです。

グルールエレメンタル

グルールエレメンタルがなかなかアグレッシブで面白そうでした。アグロデッキですが、占術ランドを採用するとテンポが落ちるのでマナベースがネックになりそう。

スポンサーリンク