MTGアリーナ初心者向けドラフトのコツ

ドラフトのコツとは

ドラフトに稼いだゴールドを突っ込む勇気がなかなかでないという人、ドラフトで何をピックしていいかわからないという人、MTGアリーナ初心者の方向けにドラフトのコツを簡単にまとめてご紹介します。

「ドラフト」で検索するとカード点数表が出てくるとは思いますが、初心者の方がカードリストを眺めて、点数表で強さを理解するのはとても大変な作業です。なのでここではドラフト点数表の基礎となる部分もお届けします。

こんな人におすすめ
・ドラフトのコツを学びたい人
・ドラフトで何をピックしていいか分からないという方

ドラフトとは何か

ドラフトはパックを開封して、1枚取って隣の人に回すことを3パック分繰り返してデッキを作るリミテッド、限定構築というフォーマットのひとつです。ピックして集めたカードでデッキを組みます。

デッキ構築ルール

  • デッキ枚数は40枚以上(上限なし)
  • デッキに使用しなかったカードがすべてサイドボードになる
  • 同名のカードは何枚でも入れられる
  • 基本土地は選んだカードに入っていなかったとしても、何枚でも入れることができる

デッキのコンセプトはビートダウンからコントロール

ドラフトでは限られたカードでデッキを組むことになります。どのようなデッキが組めるかを考えていきましょう。

デッキの種類としてはアグロ(ビートダウン)、コントロール、コンボの三大アーキタイプが存在します。ドラフトでは基本的にはアグロからコントロールの間くらいのデッキが多くなります。ドラフトして集めた限られたカードではコンボを揃えるのは難しいからです。

まずはアグロ~コントロールを狙ったデッキを作ることを意識しましょう。コンボ要素のあるカードを狙って取ろうとしても揃わなければ無駄になってしまいます。

デッキのコンセプト、勝ち筋というものは重要です。どうやって勝つかを意識しながらピックしていくのがおすすめです。

ピックのコツは優先順位にあり!

ピックのコツ、ここではピックの優先順位についてご紹介します。

ボム>除去>回避能力持ち>クリーチャーの優先順位でピックをするのがおすすめです。もちろん偏りすぎるのも良くないのでバランスも重要です。

1.ボム

干渉の難しい能力を持つ大型クリーチャーやプレインズウォーカーが該当します。出せればゲームの勝敗を決める程のパワーのあるカードです。ボムレアとも呼ばれます。ドラフトの序盤から中盤では色を決める参考になるカードです。

2.除去

除去は相手の脅威となるクリーチャーを排除できる頼もしいカードです。相手のクリーチャーを除去できるカードというのは、相手のボムを除去できるということです。相手に負けないことで自分が勝つことに繋がります。ここには一部コンバットトリックも含むこともあります。

また、除去カードはある程度ピックの優先順位が高いことが一般的です。なので、流れてきた除去というのは上流のプレーヤーがその色を使っていないということにも繋がるので、色を決めるための参考情報になり得ます。

3.回避能力持ち

回避能力持ちクリーチャーの代表は「飛行」を持っているクリーチャーです。他には威迫、接死、先制攻撃、二段攻撃なども該当します。これらの能力を持っているクリーチャーはブロックされにくくなります。

ドラフトは構築と比較してカードパワーが低いので戦場が膠着するという場面がしばしば起こります。そこで活躍するのが回避能力を持ったクリーチャーです。地上が膠着している隙に「飛行」を持ったクリーチャーで対戦相手のライフを削り切るということが良くある勝ちパターンです。

4.クリーチャー

クリーチャー達がドラフトではゲームの主役になります。並レベルのクリーチャーカード1,2枚ではゲームを決定付けることはありませんが勝敗には影響してきます。主役になるカードなので、ある程度重いカードと軽いカードをバランスよくとることが重要です。

デッキは2色にまとめよう!

デッキのカラーリングは2色程度にまとめられるようにピックしましょう。

ドラフトでは構築のように多色土地を大量に使うことができないため、色を増やすとその分、色マナが出ないといったマナのトラブルに出会う可能性が上がります。環境にもよりますが、3色以上のカラーリングにするにはボムが取れているといった理由が必要になるでしょう。他のプレイヤーと取り合いにならないように色を抑えた方がデッキが強くなるということもあります。逆に単色では色事故は起こりませんがカードパワーが足りないという事態になりがちです。

おおよそデッキが組みあがりましたら土地は17枚入れ、土地以外が23枚になるように調整しましょう。これはリミテッドでデッキを組む際の定石です。

対戦でのプレイングのコツ

デッキができたら次は対戦に移ります。構築とは構成もパワーも違いますので、ドラフトならではのデッキを活かすプレイングをする必要があります。ここでは、構築とリミテッドのプレイングの差として特徴的なものを挙げてみました。

1.除去は温存する

安易に除去を切らないことも重要になります。序盤に対戦相手の出してきた何でもない2/2クリーチャーに除去を使うのはもったいありません。リミテッドではクリーチャーはクリーチャーで止めるのが基本になってきます。

もし、ボムをピックできていたなら、ボムが来るまで耐えるプレイングをする戦略もあります。クリーチャーで膠着させ、相手のボムに除去を当てて、自分のボムが来るのを待つ戦い方をしましょう。

2.ライフはリソースという考え方

ライフが少し減ったところで負けにはなりません。ライフが0になったときに負けになるというのが重要です。

クリーチャーでブロックする場合を考えてみましょう。相手クリーチャーを一方的に打ち取れる状況なのに相手は攻撃してきました。そういう場合はコンバットトリック(クリーチャー強化スペルなど)を相手が持っている確率が高いです。ここでは安易にブロックせずにライフを減らすという選択をすることでクリーチャーを死亡のリスクから守ることができます。

このようにライフというリソースを支払い、様々なことを選択する権利が得られます。

3.ライフが0になるまで諦めないこと

対戦相手も自分もデッキの強さは構築より低いです。なので、自分が不利な盤面でも対戦相手から見れば、ライフを0まで削るのは難しいという場面があります。不利になったからといって投了せず、チャンスを待つことはとても重要です。

まとめ

この記事を読んで、ドラフトに興味を持ち勝ち越しできるようになってもらえればとても嬉しいです!

もっと学びたい方はmtg公式の記事もおすすめです。

スポンサーリンク