【EDH】トリミケ無限ダメージコンボ

《トリスケリオン》と《不浄なる者、ミケウス》コンボ

《トリスケリオン/Triskelion》と《不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed》はEDHで有名なコンボです。2枚のカードを略してトリミケとも呼ばれています。

コンボの仕組み

《不浄なる者、ミケウス》によって「不死」を付与された《トリスケリオン》によって無限ダメージを与えることができます。

  1. 《トリスケリオン》と《不浄なる者、ミケウス》を戦場に出す
  2. 《トリスケリオン》の「+1/+1カウンター」を2個取り除いて、自身に2点ダメージを与える
  3. 《トリスケリオン》の「+1/+1カウンター」を1個取り除いて、対戦相手にダメージを与える
    ダメージで《トリスケリオン》は死亡
  4. 《不浄なる者、ミケウス》により「不死」を持っているので、戦場に戻る
  5. 2~4の手順を無限に繰り返し、無限ダメージ

コンボのサポート

《生き埋め/Buried Alive》でクリーチャーをライブラリーから墓地に置き、《犠牲/Victimize》または《末永く/Ever After》によって戦場に出すパターンもあります。

《戦慄衆の指揮/Command the Dreadhorde》、《死者への嘆願/Entreat the Dead》でも同様に可能です。

多色の統率者用になってしまいますが、《歯と爪/Tooth and Nail》を使うことで2枚のカードを揃えてコンボを成立させることができます。双呪で唱えるためには計9マナ掛かることや、固有色に緑が必要な点がネックです。それでも実質1枚コンボなので非常に強力です。

トリミケコンボはコンボパーツが黒とアーティファクトなので、黒が入っている統率者なら簡単にデッキに組み込むことができます。反面、どちらのカードパワーも平均的なレベルでシナジーも多くはないためこれらのサポートが必要になり、デッキ構築にやや制限が掛かります。

Tips:トリスケリオンの能力起動順

《トリスケリオン》と《不浄なる者、ミケウス》を片方ずつプレイした場合は2体が戦場に揃う前にスタックで除去されることが多いです。そのため、2体が戦場に出てしまえば基本的には除去が飛んで来ずにコンボが完遂できると思います。ここでは《犠牲/Victimize》や《末永く》、《戦慄衆の指揮》、《死者への嘆願》で同時に戦場に出した場合の《トリスケリオン》の能力起動順を考えてみます。

同時に戦場に揃った場合は対戦相手はどこかで除去(例として《殺害/Murder》)をプレイしてコンボを阻止しようとしてくるでしょう。汎用的な除去であれば、《トリスケリオン》に除去をプレイしてもスタックでカウンターを全て取り除くことで不死で復活することができ、コンボを決めることができます。つまり、対戦相手は《不浄なる者、ミケウス》に除去を飛ばしてくることになります。また、対戦相手は《トリスケリオン》自身が墓地に行けるタイミングでは除去を打ってもコンボを完遂できるため除去を打ってきません。

《トリスケリオン》の能力起動順をパターンA、B、Cとしてみました。

パターンAのように先に「対戦相手にダメージ」を飛ばす場合を考えてみます。2回目の能力起動の「自身にダメージ」へのスタックで《不浄なる者、ミケウス》に除去を打たれてしまうと、《不浄なる者、ミケウス》が墓地に行った後+1/+1修整がなくなり《トリスケリオン》も墓地に行きます。2体が墓地に行く最悪の盤面になってしまいます。

パターンBの場合でも3回目の能力起動のスタックで《不浄なる者、ミケウス》を除去されると2体が墓地に行くことになります。

パターンCのように「自身にダメージ」を先に飛ばす能力を解決しておいた場合は、2回目の能力起動に除去を打たれてもスタックで自身を墓地に置くことができるため、不死で復活してコンボを完遂することができます。3回目の能力起動に除去を打たれた場合でも状況起因処理で先に《トリスケリオン》が死亡し、不死での復活が誘発するため《トリスケリオン》を戦場に残すことができます。

能力の起動順という細かな違いですが、戦況に大きい影響を及ぼすことがあるため注意してプレイしてみるのも面白いかもしれません。

Point
トリミケコンボは「自身にダメージ」を先に解決する!
更新履歴
2020/5/17 Tipsを追加
スポンサーリンク