【EDH】《鏡割りのキキジキ》コンボ

《鏡割りのキキジキ》コンボ

《鏡割りのキキジキ》を使用した無限コンボはEDHでも有名なコンボのひとつです。

戦場に出たときに《鏡割りのキキジキ》をアンタップすることができるクリーチャーと合わせることで、タップでクリーチャー1体のコピーを生成できる能力を繰り返し使用し速攻持ちの無限トークンを生み出します。2枚のカードで速攻持ちの無限トークン=勝利となるので、強力なコンボになっています。

《鏡割りのキキジキ》は戦場に出ているETB能力持ちのクリーチャーをコピーすることができるので、アドバンテージを稼ぐ使い方もできるのが優秀です。しかしながら、即勝利の2枚コンボがあるため、EDHではプレイするだけでヘイトが高まるので戦場に出すタイミングは考えたいところですね。

今回は《鏡割りのキキジキ》を使った2枚コンボを中心に紹介していきます。

コンボの組み合わせ

赤単色

《士気溢れる徴集兵》は赤単色でできるキキジキコンボの有名な組み合わせです。《士気溢れる徴集兵》で《鏡割りのキキジキ》をアンタップし、生成されたトークンで再度アンタップを繰り返すことで無限トークンを生成できます。統率者レジェンズで加わった《強制的な勧誘者》でも同様のコンボができます。

《多勢の兜》で《鏡割りのキキジキ》をコピーすれば伝説ではない《鏡割りのキキジキ》トークンを無限に生成できるようになります。

《戦闘の祝賀者》は督励して攻撃することでアンタップと追加の戦闘フェイズを得られるため、無限戦闘フェイズ+トークンになります。《港を滅ぼす者》でも攻撃が通り続ける限り無限戦闘フェイズを行うことができます。

赤白

《修復の天使》、《守護フェリダー》、《村の鐘鳴らし》、《演習ミイラ》との組み合わせでは速攻を持つトークンを無限に生み出すことができます。

青赤

《詐欺師の総督》、《やっかい児》、《水跳ねの海馬》では《鏡割りのキキジキ》をアンタップして無限トークンになります。

《侵入警報》では《鏡割りのキキジキ》ともう一体クリーチャーを用意することで無限トークンになります。

《灯の分身》では伝説ではない《鏡割りのキキジキ》として戦場に出ることで、無限トークンになります。無限トークンはタップ状態になるので、起動タイミングには注意が必要です。

《時間のねじれ》を《古術師》で使いまわすことで無限ターンを得ることができます。無限トークン以外のコンボパターンです。

赤黒

《鏡割りのキキジキ》が墓地にあれば、《壊死のウーズ》トークンを無限に生み出すことができます。

赤緑

《ハイラックス塔の斥候》、《大樫の守護者》、《天光を求める者》で《鏡割りのキキジキ》をアンタップすることで無限トークンになります。赤緑というカラーリングではこれらのクリーチャーを無理に使わずに《歯と爪》を採用するのもありです。

青赤白

《空の軽騎兵》で《鏡割りのキキジキ》をアンタップすることで無限トークンになります。

緑青赤

《跳ねる混成体》、《キオーラの追随者》で《鏡割りのキキジキ》をアンタップすることで無限トークンになります。

スポンサーリンク