【Discord】MTGのカードが表示できるScryfall Botを導入しよう!

「Scryfall Bot」を導入すればDiscordでMTGのカード画像を貼りたいときに便利です。画像を探して、コピー・貼り付けをするという手間を省くことができます!

Scryfall Botの導入

「Scryfall」は日本でいう「Wisdom Guild」のようにカード検索ができるサイトです。「Scryfall」のサイトではDiscordにおけるカード検索に便利なBotが公開されています。

Botの導入は簡単で、「install Discord Bot」を選択してDiscordのサーバーにBotを招待します。Botを招待する際は、サーバー管理者である必要があります。

https://scryfall.com/bots

Scryfall Botの使い方

「Scryfall Bot」が導入されたDiscord上でコマンドを入力することで、「Scryfall Bot」に対応したアクションを取らせることができます。

角括弧2つで囲うコマンドを入力することで様々な情報をBot経由で表示することができます。

「Scryfall Bot」は海外産のツールですが日本語にも対応しており、日本語のテキスト及びカード画像も確認することができます。古いカードは日本語版が登録されていないので、日本語だと表示されないものがあります。その場合は英語名で試してみて下さい。

[[カード名]]:テキスト+カード画像小

カードのテキストと小サイズの画像を確認することができます。デッキ相談などでカードをおすすめする際に便利です。

[[!カード名]]:カード画像大

大サイズのカード画像が表示されます。

[[$カード名]]:カード価格

カードの価格を確認することができます。

[[?カード名]]:ルーリング

カードのルーリングを確認できます。エラッタが出ているカードなどを見る際に便利です。

[[#カード名]]:使用可能フォーマット

各フォーマットで使用可能か確認することができます。

まとめ

「Scryfall Bot」は導入と使い方も簡単なので、MTGのDiscordコミュニティに所属している方は是非導入してみて下さい!

スポンサーリンク