「灯争大戦」のリミテッド点数が知りたいニャ!

今回はアーティファクト、無色、土地のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

コモン

《ギルド球/Guild Globe》
5.4点
・多色デッキ向けカード
・ドローが付いているので腐ることはない
《鉄の暴漢/Iron Bully》
6.8点
・増殖できたら嬉しい
《マナ晶洞石/Mana Geode》
6.6点
・重めの多色デッキに合うカード
《プリズマイト/Prismite》
5.0点
・多色デッキを組む際に入れよう!
《サヒーリの銀翼/Saheeli's Silverwing》
6.2点
・色事故がなく、飛行なので安定する

アンコモン

《火想者の器/Firemind Vessel》
6.4点
・ボムレアをタッチできるのであると安心
《王神の立像/God-Pharaoh's Statue》
5.0点
・重く能力が微妙
・6ターン目に2マナコストが多く必要になるのは効果的なのか疑問

「灯争大戦」リミテッド評価:無色

アンコモン

《ウギンの召喚体/Ugin's Conjurant》
4.8点
・チャンプブロックされるとどんどん小さくなる
・モダンではキリンゲドンが話題に

レア

《大いなる創造者、カーン/Karn, the Great Creator》
4.8点
・リミテッドでは能力は活かせない
《人知を超えるもの、ウギン/Ugin, the Ineffable》
9.8点
・マイナス能力を使えば損はしないアドバンテージカード
・無色であるため色を選ばすどんなデッキでも活躍できる強力なカード

「灯争大戦」リミテッド評価:土地

コモン

《ギルド門通りの公有地/Gateway Plaza》
6.8点
・門がないので点数アップ
・マナベースの安定に

アンコモン

《出現領域/Emergence Zone》
5.4点
・構築用カード
《次元間の標/Interplanar Beacon》
5.8点
・多色PWを取れた時やレアPWの受け入れができる

レア

《爆発域/Blast Zone》
6.0点
・相手の増殖で乱される場合があるので注意
《カーンの拠点/Karn's Bastion》
6.4点
・土地で増殖を使えるという強みは大きい
《総動員地区/Mobilized District》
6.4点
・これを取ると3色は厳しい

人知を超えるもの、ウギンが強いニャ~!
スポンサーリンク