「灯争大戦」のリミテッド点数が知りたいニャ!

今回は赤のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

「灯争大戦」リミテッド評価:赤

コモン

《アン一門の侵略者/Ahn-Crop Invader》
6.4点
・先制持ちで3マナ
・ある程度膠着した状況で活躍できる
《眩光破/Blindblast》
5.4点
・ブロック不可を付与する1点ダメージ、キャントリップ付き
・3マナが少し重い
《燃え立つ預言者/Burning Prophet》
6.2点
・2マナでブロッカーになれる1/3のスタッツはいい
・占術1を評価
《鎖鞭のサイクロプス/Chainwhip Cyclops》
7.0点
・5マナの標準スタッツ
・ブロックできなくさせる能力が光る場面もあるかも
《チャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix》
6.6点
・2マナの除去枠として有用で割り振れるのもポイント
《破砕/Demolish》
3.0点
・環境に破壊したいアーティファクトがどれだけあるか疑問
・基本的にはアンプレイアブル
《ゴブリンの通り魔/Goblin Assailant》
4.6点
・最低スタッツはある
・2マナは基本的に弱いカードが多いのでこういうカードで埋めるしかない説もある
《ゴブリンの突撃隊/Goblin Assault Team》
7.2点
・4マナ4/1でかなり死にやすい
・パワー4アーキタイプの種になれる
・PWを狩れるパターンもある
《不気味な修練者/Grim Initiate》
5.2点
・PIGで動員できる
・最低限の仕事はできる
・《アン一門の侵略者/Ahn-Crop Invader》とシナジーがある
《心火/Heartfire》
5.8点
・追加コストを要求するのを上手く活かしたいところではある
・4点ダメージは何にでも有効
《王神への敬意/Honor the God-Pharaoh》
6.2点
・実質ルーターしつつの動員で、アド損はしない
・マナフラッド受けが少ない環境なのでやや点数を高めに見てもいいかも
《侵略するマンティコア/Invading Manticore》
5.8点
・6マナ4/5EtBで動員2で最低限の仕事はこなせる
《ヤヤの挨拶/Jaya's Greeting》
7.2点
・占術付きの3点除去は強い
《ナヒリの石刃/Nahiri's Stoneblades》
5.6点
・先制攻撃付与がないのが微妙ポイント
・アグロデッキで攻め切れるデッキならプラス評価
《怒り狂うクロンチ/Raging Kronch》
7.0点
・スタッツとして大きく、ブロックには単独で参加できる
・赤の3マナのカードとして複数枚確保してもいい
《サムトの疾走/Samut's Sprint》
5.0点
・速攻のおまけつきの軽いコンバットトリック
《サルカンの浄化/Sarkhan's Catharsis》
6.6点
・《溶岩の斧》より強い
・プレイヤーよりPWを除去するために使う機会が多そう
《呪文喰いの奇魔/Spellgorger Weird》
6.0点
・クリーチャー以外を唱えると+1/+1カウンターが置かれる3マナ2/2
・PWもスペルも多いので活躍が期待できる
・増殖とも相性がいい
《砲塔のオーガ/Turret Ogre》
6.6点
・4マナ4/3のスタッツで到達持ち
・2点ダメージはおまけ

アンコモン

《稲妻曲げ/Bolt Bend》
6.8点
・除去とハンデスを曲げてアドバンテージを取って行こう
《激情の絆/Bond of Passion》
5.6点
・2点ダメージを与えつつ、クリーチャーを一時的に奪うスペル
・やや重いのが難点か
《チャンドラの勝利/Chandra's Triumph》
7.2点
・軽いダメージ除去として強い
《サイクロプスの電術師/Cyclops Electromancer》
6.8点
・インスタント、ソーサリーがどれだけ取れているかで評価が変わる
《貪るヘリオン/Devouring Hellion》
5.2点
・《ケイヤ式幽体化》を張って生け贄などを活かしながら強化したい
《戦慄衆の双子/Dreadhorde Twins》
6.8点
・ゾンビトークンにトランプルを付与できる
・動員デッキで使いたい攻めのカード
《敬慕される炎魔道士、ヤヤ/Jaya, Venerated Firemage》
7.4点
・赤いクリーチャーの疑似パンプアップもできる
・自身の能力で最低限2点除去として機能する
《無頼な扇動者、ティボルト/Tibalt, Rakish Instigator》
6.0点

・《敬慕される炎魔道士、ヤヤ》が取れていれば強さは倍になる
・構築で赤単のサイドボードに採用されそう
《ティボルトの憤怒鬼/Tibalt's Rager》
5.2点
・2マナ1/2でスタッツが低い

レア

《炎の職工、チャンドラ/Chandra, Fire Artisan》
7.3点
・常在型能力が地味に強い
《戦慄衆の秘儀術師/Dreadhorde Arcanist》
6.2点
・このカードでそのまま殴ることにあまり意味はないかも
・このカードを取ったら何等かのパンプスペルを多めにとる方向性になると思う
《ブリキ通りの重鎮、クレンコ/Krenko, Tin Street Kingpin》
9.0点
・ただ殴るだけで2/3、パンプスペルでも唱えれば爆発力がアップ
・全体強化スペルが取れていれば更に強い
《ミジウムの戦車/Mizzium Tank》
6.2点
・火力などを唱えれば強化してアタックできる
・全体除去のケアもできている
《戦慄衆の勇者、ネヘブ/Neheb, Dreadhorde Champion》
7.8点
・サイズがまぁまぁ大きめ
・手札ルーティングにマナも増えるので、リミテッドでは十分仕事をしてくれそう
《主無き者、サルカン/Sarkhan the Masterless》
9.0点
・4/4飛行トークンを出す能力は弱くない
・更に他のPWを取れていれば評価はプラス

神話レア

《約束の終焉/Finale of Promise》
6.4点
・墓地のインスタントとソーサリーをもう一度唱えられる
・動員、増殖や除去を使いまわすのが主な仕事
・構築での活躍が期待される
《猪の祟神、イルハグ/Ilharg, the Raze-Boar》
8.8点
・とにかく盤面に叩きつけたい性能を誇る
・緑のファッティなどと組み合わせたい

 

主無き者、サルカンが強いニャ~
スポンサーリンク