「灯争大戦」のリミテッド点数が知りたいニャ!

今回は黒のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

「灯争大戦」リミテッド評価:黒

コモン

《負傷者の手当て/Aid the Fallen》
6.0点
・今回の墓地回収枠でクリーチャーとPWを墓地から戻せる
・黒なら1枚はあって損はない
・《呪文持ちの奇魔/Spellkeeper Weird》と合わせると無限に使いまわせる
《破滅犬/Banehound》
5.2点
・スタッツとしては低いが、絆魂、速攻
・《アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemate》との組み合わせは強力
《募金取り/Charity Extractor》
5.0点
・4マナでタフ5の壁はいい
・《太陽の義士、ファートリ/Huatli, the Sun's Heart》が取れていればプラス
《ダブリエルの影忘/Davriel's Shadowfugue》
6.2点
・今回の2枚ハンデス枠
・4マナと若干重いが環境が遅いほど強い
《ダスクマントルの調査員/Duskmantle Operative》
6.2点
・2マナ枠でパワー4以上にブロックされない点がいい
《戦慄衆の先駆け/Herald of the Dreadhorde》
6.6点
・このクリーチャーが墓地に置かれたときに動員ができるので、アド損しない
・動員デッキで積極的に取りたい1枚
《ケイヤ式幽体化/Kaya's Ghostform》
6.6点
・アンコモンPWの大半はマイナス能力で墓地に落とせないので注意
・EtBやPIG能力持ちのクリーチャー、PWにエンチャントして相手を牽制できる
《ラゾテプのビヒモス/Lazotep Behemoth》
4.8点
・普通のバニラ
《ラゾテプの肉裂き/Lazotep Reaver》
6.2点
・2マナのスタッツとしては低めだが動員1を持つ
・2マナ枠が弱めの環境なので、こういったカードで埋める必要がある
《オブ・ニクシリスの残虐/Ob Nixilis's Cruelty》
8.0点
・3マナインスタント除去としてかなり強い
・永遠神や(構築での再燃のフェニックス)に使える
・焼き鳥屋を元気に営業中!
《叫ぶ落下兵/Shriekdiver》
6.4点
・3マナ飛行でパワー2は最低限のスタッツ
・タフネス1が蜘蛛に無力
《ソリンの渇き/Sorin's Thirst》
6.0点
・黒のダブルシンボル要求が少し厳しいが除去スペルが弱いことはない
・乾いた~叫びが~(以下略)
《灯の収穫/Spark Harvest》
6.8点
・PWを直接除去できる点に注目したい
・動員やトークン系を主軸としたデッキであれば積極的にとってよい
・最低限5マナ除去として仕事をする
《灯を刈り取る者/Spark Reaper》
5.6点
・3マナとしては標準スタッツ
・能力は《ケイヤ式幽体化/Kaya's Ghostform》とシナジーがある
《税収運びの巨人/Tithebearer Giant》
5.6点
・6マナのスタッツとしては少し小さい
・キャントリップ付きのクリーチャーであるが、6マナでやりたいことではない
《侵略の代償/Toll of the Invasion》
7.0点
・リミテッドで敬遠されがちなタイプのハンデスであるが動員が付いてくる
・《貪欲なるネズミ/Ravenous Rats》が1マナ重くなったらなんでも選べるようになった
《予期せぬ助力/Unlikely Aid》
6.4点
・黒のコンバットトリックで破壊不能を付与
・除去が多い環境なので破壊不能が活躍する場面も多そう
《日和見吸血鬼/Vampire Opportunist》
7.0点
・2マナのクリーチャーであり、貴重なマナフラッド受けクリーチャー
《ヴラスカの懐刀/Vraska's Finisher》
6.4点
・3マナの標準的なスタッツを持つ
・PWをチャンプアタックで除去できるようになる
・チャンドラの螺旋炎とのシナジーは強力

アンコモン

《鮮血の刃先/Bleeding Edge》
6.6点
・除去しつつ動員2が付いてくるのは強い
・クロックを強化できるのでアドバンテージが取れる
《蘇生の絆/Bond of Revival》
6.6点
・今回のリアニメイト枠
・速攻で殴れるのは嬉しい
《はぐれ影魔道士、ダブリエル/Davriel, Rogue Shadowmage》
7.8点
・毎ターン相手をハンデスできる点が強み
・《ケイヤ式幽体化/Kaya's Ghostform》との相性は抜群
《戦慄猫/Dreadmalkin》
5.2点
・動員で生成されたトークンを生け贄にしていくと強い
・1マナのスタッツとしては低いのでそこが難点
《永遠衆の監督官/Eternal Taskmaster》
8.0点
・2マナ2/3の高いスタッツ
・攻撃したらクリーチャーを墓地から回収できる
《リリアナの勝利/Liliana's Triumph》
6.8点
・おまけが付いた《悪魔の布告/Diabolic Edict》
・最序盤には機能するが、後半は腐りがちか
《憎悪に歪む者、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis, the Hate-Twisted》
6.0点
・相手のクリーチャーを除去すると2ドロー許してしまうのでアドを取られる
・自分のクリーチャーを除去してドローに変換することを視野に入れたい
《裏切りの対価/Price of Betrayal》
7.0点
・PWの除去++1/+1カウンターを取り除くことに使える
《蠍の侍臣/Vizier of the Scorpion》
6.8点
・動員付きでゾンビトークンに接死を付与できる
・PWコントロール系アーキタイプでは防御用カードとして活躍が期待できる

レア

《ボーラスの城塞/Bolas's Citadel》
6.2点
・一番下の能力はおまけと思っていい
・あまり使いすぎるとライフが足りなくなるので、トップから土地をプレイして不要牌を弾く使い方が有用か
《戦慄衆の指揮/Command the Dreadhorde》
7.0点
・相手の墓地からも釣り上げられるのがポイントだがライフが足りないことが多いかも
・《ギデオンの犠牲/Gideon's Sacrifice》、《放浪者/The Wanderer》とコンボできる
《悪への引き渡し/Deliver Unto Evil》
5.2点
・墓地に4枚以上落ちていないとうまみが少ない
《戦慄衆の侵略/Dreadhorde Invasion》
8.4点
・毎ターン動員のできるカード
・ライフ1点でトークンが出てくるor強化できるのは強力
《古呪/The Elderspell》
7.2点
・相手のPWだけ全除去できるスペル
・構築でも活躍の場があるカード
《虐殺少女/Massacre Girl》
9.8点
・連鎖するとクリーチャーを全除去してくれるクリーチャー
・全体修整なのは大きい

神話レア

《永遠の終焉/Finale of Eternity》
8.2点
・3体除去できるスペルなので強い
・X=10 以上で唱える必要はない
《永遠神バントゥ/God-Eternal Bontu》
8.6点
・5マナ5/6威迫のスタッツに除去耐性
・真ん中の能力は後半のマナフラッドした際には有用
《戦慄衆の将軍、リリアナ/Liliana, Dreadhorde General》
9.4点
・+1能力ではトークンを出して、出したトークンが除去されてもドローできる
・-4能力は双方のプレイヤーに作用することに注意

虐殺少女が強いニャ~
スポンサーリンク