「灯争大戦」のリミテッド点数が知りたいニャ!

今回は青のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

「灯争大戦」リミテッド評価:青

コモン

《アショクの潜伏者/Ashiok's Skulker》
6.2点
・サイズは十分
・ブロックされない能力に期待
《エイヴンの永遠衆/Aven Eternal》
6.7点
・3マナ2/2に動員があり、十分仕事をするカード
《無神経な放逐/Callous Dismissal》
7.0点
・ソーサリーであってもバウンスは悪くない
・相手の軍団トークンを除去できる
《論議を呼ぶ計画/Contentious Plan》
6.7点
・青は動員やPWなどの増殖先に困らないアーキタイプが組めそうなのでピックして損はなさそう
・キャントリップのおまけつき
《造反者潰し/Crush Dissent》
6.2点
・打ち消しの有効性は微妙であるが、動員2としてみれば悪くない
・相手が動いたタイミングでない限りキャストできない
《突飛な幻想家/Erratic Visionary》
6.8点
・2マナの1/3スタッツはブロックに参加できる性能
・マナフラッドを受けれる、ルーティング能力はよい
《カズミナの変成/Kasmina's Transmutation》
7.8点
・実質クリーチャー除去は強い
・今回、有用なエンチャント除去が少ないのも追い風
・オケチラなどの永遠神シリーズに対してこの環境で唯一刺さる有用な除去である点に注目
《キオーラの堰破り/Kiora's Dambreaker》
5.8点
・サイズは標準
・出たときに増殖で最低限の仕事はする
・後半にも流れてくる可能性大
《ナーガの永遠衆/Naga Eternal》
4.6点
・標準なスタッツ
・バニラ
《退路無し/No Escape》
6.6点
・クリーチャーとPWを打ち消せる
・3マナとやや重いがリミテッドでは有用
《無情な前進/Relentless Advance》
7.0点
・動員3を評価(4マナ3/3+α)
《空戦域の大梟/Sky Theater Strix》
5.6点
・2マナ1/2のスタッツがやや不十分
・飛行ビートとしてカードが取れているなら+0.5点
《呪文持ちの奇魔/Spellkeeper Weird》
7.2点
・3マナ1/4と壁性能が高い
・ほかのインスタント、ソーサリーが強ければこのカードの評価は上げてよい
《密かな任務/Stealth Mission》
7.4点
・実質フィニッシャーになりえるカード
・複数枚連打したときは爆発力がある
《タミヨウの天啓/Tamiyo's Epiphany》
7.2点
・占術4が強い
・青ならコントロールよりになる可能性もあり、その場合はピックしておきたい
《テフェリーの時間改変/Teferi's Time Twist》
6.4点
・対象がパーマネントであるブリンク枠
・PWを守るもよし、クリーチャーを強化してもよしの攻めっけのあるカード
《雷のドレイク/Thunder Drake》
5.4点
・ダブルアクションすれば、カウンターを置けるが機会は少なそう
《道迷い/Totally Lost》
6.0点
・いつもの青の除去枠
・エンチャントの少ない環境なのは向かい風
《ルーンの壁/Wall of Runes》
6.0点
・1マナ0/4で占術もできる
・1マナ枠としては悪くない

アンコモン

《ボーラスの占い師/Augur of Bolas》
6.8点
・能力が空振りしても2マナ1/3としても活きる
《洞察の絆/Bond of Insight》
6.2点
・レアに全体除去が4枚あり、そういった強力なスペルを回収するのは有効
・2枚回収するだけでアドバンテージは十分とれる
《永遠衆の天空王/Eternal Skylord》
8.0点
・軍団トークンに飛行を持たせられる
・このカードは飛んでない
《流束の媒介者/Flux Channeler》
7.4点
・かなり増殖できる可能性あり
・+1/+1カウンター、動員持ちカード、PWの枚数によってこのカードの評価も変化する
《ジェイスの勝利/Jace's Triumph》
6.0点
・ただの《予言/Divination》
《謎めいた指導者、カズミナ/Kasmina, Enigmatic Mentor》
7.4点
・2/2トークンにルーティング能力がある
・弱いことは書いていない
《ラゾテプの板金/Lazotep Plating》
5.6点
・ちょっと重くなり強くなった《潜水/Dive Down》
・動員持ちで悪くない
・ハンデス対策としても使える
《覆いを割く者、ナーセット/Narset, Parter of Veils》
7.8点
・《可能性の揺らぎ/Shimmer of Possibility》を2回打てる
・3マナと軽く強い
《救出のスフィンクス/Rescuer Sphinx》
7.8点
・使い切ったPWを回収する役目を果たす飛行クリーチャー

レア

《終局の始まり/Commence the Endgame》
8.6点
・最低でも動員2
・構築級のカードであるが、リミテでの強さはいかに
《迷い子、フブルスプ/Fblthp, the Lost》
4.4点
・2マナ1/1、EtBで1ドロー
・ライブラリーに戻す効果はリミテッドだとデメリット
《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》
8.0点
・構築級のカードでコントロール番長
・リミテッドではLOしながらドローでアドバンテージが取れるので強い
《ナーセットの逆転/Narset's Reversal》
6.8点
・ドビンの拒否権を回避できる唯一のカードかもしれない
・リミテッドでは範囲が狭く使うタイミングが難しい
・自分のスペルに使うことも可能
《静かな潜水艇/Silent Submersible》
5.2点
・機体は全体除去回避が可能
《灯の分身/Spark Double》
6.6点
・クローン枠、PWも対象にコピーできるのは嬉しい

神話レア

《啓示の終焉/Finale of Revelation》
7.0点
・普通のソーサリーXドロースペル
・リミテッドでX=10 以上で打つとLOで負ける
・《神秘を操る者、ジェイス/Jace, Wielder of Mysteries》と合わせられればよい
《永遠神ケフネト/God-Eternal Kefnet》
9.4点
・強い
・他の永遠神には一歩劣るが十分なスタッツと能力を持つ

永遠神ケフネトが強いニャ~
スポンサーリンク