「灯争大戦」のリミテッド点数が知りたいニャ!

今回は白のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

「灯争大戦」リミテッド評価:白

コモン

《戦地昇進/Battlefield Promotion》
7.0点

・リミテッドでは果敢な一撃より強い
・増殖と相性がいいコンバットトリック
《防壁の巨人/Bulwark Giant》
4.4点
・6マナと思いのにパワー3で防御的
・5点ゲインはリミテッドではそこそこ強い
《幸運な野良猫/Charmed Stray》
3.4点
・このカードを複数枚とれていないとカードに価値がない
・猫は5匹いる
・左の真ん中の猫が好み!!
《果敢な一撃/Defiant Strike》
5.4点
・微妙なコンバットトリック
・キャントリップなのでぎりぎりプレイアブル
《神聖なる矢/Divine Arrow》
7.2点
・汎用除去としてリミテッドでは優秀
・+1/+1カウンターでタフネス5にされると厳しい
《執行官のグリフィン/Enforcer Griffin》
6.0点
・5マナ3/4飛行という標準スタッツ
・飛行というだけで取る価値あり
・今回の緑の到達持ちの蜘蛛が3/3なのでそれを超えられるのは大きい
《ギデオンの犠牲/Gideon's Sacrifice》
5.6点
・疑似的な《濃霧/Fog》として利用できる
・クリーチャーがいること前提であること、ディスアドバンテージのカードであることに注意
《鉄覆いのクロヴァド/Ironclad Krovod》
3.6点
・最低限壁になる
・実質《賽銭ガニ/Wishcoin Crab》枠
《法ルーンの執行官/Law-Rune Enforcer》
7.6点
・リミテのタッパーは強く、実質除去として働く
・動員トークンをタップできないので過信しないこと
・構築でも白単に入る可能性があるかも
《ロクソドンの軍曹/Loxodon Sergeant》
5.0点
・リミテッドでの標準スタッツ
・ギデオンの犠牲を持っているなら+0.5点
《間に合わせの大隊/Makeshift Battalion》
6.0点
・増殖がある環境で自分からカウンターを置けるところは加点対象
《目的のための殉教者/Martyr for the Cause》
6.2点
・2マナ2/2の標準スタッツにおまけつき
・カウンターを載せるカードが多いので増殖が活きる
・軽いクリーチャーが少ない環境なので、確保しておきたいカード
《飛びかかるオオヤマネコ/Pouncing Lynx》
6.0点
・2マナの標準スタッツではあるが、教導はないので価値は下がる
・+1/+1カウンターを置くことができれば手が付けられなくなる可能性がある
《立ち上がる民衆/Rising Populace》
7.0点
・トークンでも能力が誘発するので加点
・他の自分のクリーチャーを攻撃に回しやすい
《テヨの光盾/Teyo's Lightshield》
5.4点
・カウンターを置く能力が今回のリミテッド環境では価値がある
・3マナ0/3、カウンターを置いて1/4のスタッツは若干低い
《立像崩し/Topple the Statue》
4.4点
・アーティファクトを壊すのはおまけ効果
・タップが一時しのぎにしかならない
・相手の土地をタップして行動阻害しつつキャントリップという使い方もあり
《信頼あるペガサス/Trusted Pegasus》
8.0点
・今回飛行付与のクリーチャーのサイズは2/2になった
・飛行付与は強い
《放浪者の一撃/Wanderer's Strike》
6.6点
・白の除去枠
・除去と一緒に増殖は嬉しいが5マナは少し重い
・デッキに1枚は欲しいカード
《戦地の金切り声上げ/War Screecher》
7.8点
・2マナの生物が少ないので1/3飛行は取っておきたい

アンコモン

《アジャニの群れ仲間/Ajani's Pridemate》
5.6点
・ゲイン能力持ちを複数確保することが難しい
・最低スタッツはある
《規律の絆/Bond of Discipline》
9.0点
・クリーチャーでフルパンでき、一方的にライフアドバンテージが取れる
・相手のクリーチャー全タップはフィニッシャーに値する
《ギデオンの勝利/Gideon's Triumph》
6.2点
・除去ではあるが使い辛い
・地上が膠着して、飛行でアタックしてくるクリーチャーの除去には効果的
・このカードのフレーバーテキストの意味を考えたら100点
《奉謝の亡霊/Grateful Apparition》
8.0点
・増殖デッキの要になる
・毎ターン増殖できたら強い
《牢獄領域/Prison Realm》
8.0点
・汎用除去として強い
《翼の結集/Rally of Wings》
5.2点
・飛行をかき集めたデッキならかなり強い
《陽刃の天使/Sunblade Angel》
6.8点
・6マナという重さとスタッツが3/3と若干低め
・+1/+1カウンターを置ければ強い
《盾魔道士、テヨ/Teyo, the Shieldmage》
4.0点
・常在型能力はおまけ
・0/3防衛が時間稼ぎにしかならない
《放浪者/The Wanderer》
6.6点
・リミテッドでは除去が2回打てる可能性があると考えると強い
・赤のダメージや緑の格闘をこのカード1枚で防げる
・構築では赤単絶対許さないマンとして活躍するかも

レア

《狼煙上げ/Ignite the Beacon》
4.0点
・構築ではPWデッキに採用される可能性があるかも?
《パルヘリオンⅡ/Parhelion II》
7.2点
・マナコストが重く、出てすぐに仕事をしないのはいかがなものか
・動き出したらヤバイ
《戦乱のラヴニカ/Ravnica at War》
6.2点
・刺さる場面が限定的である
・多色のPWを倒せるのは嬉しい
《一騎打ち/Single Combat》
8.0点
・実質全体除去枠
・次の相手のターンを縛れるのは強いが、自分のターンにもブーメランのように刺さるので注意が必要
《高名な弁護士、トミク/Tomik, Distinguished Advokist》
7.0点
・2/3飛行とスタッツは高い
・レガシーなどの下環境で採用されるかも

神話レア

《栄光の終焉/Finale of Glory》
9.0点
・書いてあることはとても強い
・X=10 以上で唱える必要はない
《黒き剣のギデオン/Gideon Blackblade》
9.0点
・今回のストーリーの主役カード
・3マナ4/4破壊不能は強い
《永遠神オケチラ/God-Eternal Oketra》
10.0点
・見たら即ピック!流すと危険
・除去されてもまた出せるので勝ちに繋がる
・《カズミナの変成/Kasmina's Transmutation》には注意
・今回のリミテッド最強候補
・フレーバー上でこれがペガサスを殺すのは絶対に許さない

永遠神オケチラが強すぎるニャ~!
スポンサーリンク