「ラヴニカの献身」リミテッド評価:青緑、黒赤
メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

ねこ
ねこ

今回は多色のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:青緑

コモン

《エアロムンクルス/Aeromunculus》

8点

3マナ2/3飛行でマナレシオが優秀。順応でタフネス4になる点が強い。

《応用生術/Applied Biomancy》

8点

パンプとバウンスで、コンバットトリックとテンポが取れる。

《成長のらせん/Growth Spiral》

8点

遅い環境なので、マナ加速は強い。

《小走りワニ/Scuttlegator》

7点

6マナ6/6とマナレシオが優秀。8マナまで延びれば9/9のアタッカーになれる。

アンコモン

《エリマキ神秘家/Frilled Mystic》

8点

カウンターに3/2が付いてくる。

《円環技師/Gyre Engineer》

8点

2マナのマナ加速が優秀。順応がしやすくなる。

《早駆けるトカゲ蛙/Galloping Lizrog》

8点

カウンターをひとつ移せば5/5になれる。できれば2つ以上移したい。

《ヒレバサミダコ/Sharktocrab》

8点

4マナ4/4は優秀。順応すると相手クリーチャーをタップできる。

《連合のギルド魔道士/Combine Guildmage》

8点

順応の再使用のシナジーを利用したい。

《付加+不和/Incubation+Incongruity》

8点

クリーチャーサーチか、クリーチャーを3/3にする能力。不和は青緑では貴重な除去。

レア

《シミックの隆盛/Simic Ascendancy》

8点

3マナで+1/+1カウンターを置いて順応を誘発させることができる。《ヒレバサミダコ/Sharktocrab》と組むと強力。普通に飛行クリーチャーを強化しても強い。

《生術師の使い魔/Biomancer's Familiar》

8点

順応のコスト軽減と順応再使用ができる能力2つを併せ持つ。《プテラマンダー/Pteramander》、《速足ウツボ/Skitter Eel》との組み合わせで巨大クリーチャーを生み出そう。

《楽園党の議長、ゼガーナ/Zegana, Utopian Speaker》

8点

順応で8/8トランプルになれる。

《覆滅+複製/Repudiate+Replicate》

7点

主に複製を使うことになる。できるだけ大型クリーチャーをコピーしたい。+1/+1カウンターまではコピーできない。

神話レア

《首席議長ヴァニファール/Prime Speaker Vannifar》

8点

マナコスト+1のクリーチャーに生まれ変わらせる能力を持つ。デッキ内のクリーチャーをサーチできると考えると強力。

《ハイドロイド混成体/Hydroid Krasis》

9点

ドロー、ライフゲイン、飛行ファッティと夢が詰まっている。Xマナなので、タッチでも使いやすいのがよい。

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:黒赤

コモン

《垂木の悪魔/Rafter Demon》

6点

絢爛で5マナ4/2ディスカード。1マナ軽ければ+1点だった。

《的中/Get the Point》

8点

確定除去が強い。

《ラクドスの人足/Rakdos Roustabout》

7点

ブロックされると相手に1点飛ばせるメリット能力を持つ。

《脚光の悪鬼/Footlight Fiend》

6点

デッキのコンセプト次第では入らないカード。

アンコモン

《教団のギルド魔道士/Cult Guildmage》

7点

ハンデスと1点飛ばせる器用なクリーチャー。

《死の嘲り/Macabre Mockery》

8点

相手ターンではコンバットトリックとしても使えて、利便性が高い。

《ハックロバット/Hackrobat》

8点

接死と+2/-2が噛み合うので、ブロックされなかったときは4点ダメージが期待できる。

《火刃の芸術家/Fireblade Artist》

7点

速攻2/2が強い。2点ダメージを飛ばす能力も強いが構築向けカードか。

《ラクドスの火輪使い/Rakdos Firewheeler》

8点

対戦相手とクリーチャーに2点ダメージ。アドバンテージが取れるカードで強い。

《興行+叩打/Carnival+Carnage》

8点

1点ダメージで軽量除去として使うか3点2ディスカードとして使うか相手のデッキ次第で使い分けのできる良カード。

レア

《恐怖の劇場/Theater of Horrors》

9点

アドバンテージの塊。4マナで相手にダメージを飛ばせるのも強い。

《魔性/Bedevil》

8点

確定除去は強い。

《災いの歌姫、ジュディス/Judith, the Scourge Diva》

8点

全体+1/0修整が強い。構築向き。

《豪奢+誤認/Bedeck+Bedazzle》

7点

コンバットトリックとして使える。6マナ土地破壊の出番は少なそう。

神話レア

《囚われの聴衆/Captive Audience》

9点

出せれば勝ちに近い。

《名演撃、ラクドス/Rakdos, the Showstopper》

9点

優秀なマナレシオに飛行、トランプル。全体ランダム除去は運次第。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!《囚われの聴衆/Captive Audience》は面白いカードニャ!

スポンサーリンク