「ラヴニカの献身」リミテッド評価:白青、白黒
メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

ねこ
ねこ

今回は多色のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:白青

コモン

《アゾリウスの騎士判事/Azorius Knight-Arbiter》

7点

パワーとタフネスと警戒、アンブロッカブルが噛み合っているクリーチャー。

《スフィンクスの眼識/Sphinx's Insight》

6点

附則で2点ゲインはやや弱い。

《法魔道士の束縛/Lawmage's Binding》

8点

多色になったことで瞬速が付き使いやすくなった。暴動で速攻を持ったクリーチャーにも対応できてよい。

《評議会のグリフィン/Senate Griffin》

7点

混成マナで出しやすい。飛行でパワー3は偉い。

アンコモン

《アゾリウスの空護衛/Azorius Skyguard》

8点

飛行、先制攻撃。パワータフネスはいまいちだが、能力が優秀。

《厳戒態勢/High Alert》

4点

リミテッドで活躍させるのは難しい。

 

《新プラーフのスフィンクス/Sphinx of New Prahv》

8点

飛行、警戒にパワー4。除去耐性持ち。マナ拘束はきつい。

《ドビンの鋭感/Dovin's Acuity》

7点

1回以上使いまわせればアドバンテージが稼げる。

《評議会のギルド魔道士/Senate Guildmage》

7点

ルーティングとライフゲインが1マナでできるので起動しやすく使いやすい。

《解任+開展/Depose+Deploy》

7点

タップの力は気軽に使用できる。飛行クリーチャー生成も強い。

レア

《アゾリウスの造反者、ラヴィニア/Lavinia, Azorius Renegade》

6点

基本は2マナ2/2。

《吸収/Absorb》

8点

打ち消しに3点ゲインできる。

《拘留代理人/Deputy of Detention》

8点

除去能力は強い。

《万全+番人/Warrant+Warden》

8点

どちらの能力も強い。

神話レア

《大判事、ドビン/Dovin, Grand Arbiter》

8点

+1と-1を交互に使うだけでも強い。

《有事の力/Emergency Powers》

7点

7マナと重いので、積極的に使いたいカードではない。相手も手札を補充できてしまうので注意。

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:白黒

コモン

《傲慢な支配者/Imperious Oligarch》

7点

警戒持ちで攻撃させやすく、死後を活かしやすい。

《最後の支払い/Final Payment》

7点

コストは重いが確定除去は強力。

《欲深いスラル/Grasping Thrull》

7点

5マナ3/3は並みのスペック。ドレイン能力付き。

《ヴィズコーパの吸血鬼/Vizkopa Vampire》

7点

絆魂でのライフゲインが強いが、タフネス1は打ち取られやすい。

アンコモン

《屈辱/Mortify》

8点

クリーチャーかエンチャントを破壊でき、汎用性が高い。

《聖堂の鐘憑き/Basilica Bell-Haunt》

7点

ディスカードと3点ゲインはマナ拘束がきついわりに平凡。

《絶息の騎士/Knight of the Last Breath》

7点

重いのにパワータフネスは平凡で打ち取られやすい。死後3を活かす使い方になるが、7マナなのがネック。

《組織のギルド魔道士/Syndicate Guildmage》

8点

タップ能力は強い。盤面が膠着した後は直接ライフを狙えるのも強み。

《無慈悲な司教/Pitiless Pontiff》

8点

接死と破壊不能を得られ、ファッティと相打ちを取る動きができるので、地上を止められるのが偉い。

《昇華+消耗/Consecrate+Consume》

8点

リミテッドでは主に消耗を打つことになる。相手の最大パワーのクリーチャーを除去できてライフゲインもできるので強力。

 

レア

《ケイヤの怒り/Kaya's Wrath》

8点

全体除去は強いが、マナシンボルが厳しい。死後との相性がよい。

《テイサ・カルロフ/Teysa Karlov》

8点

警戒と絆魂付与が強い。

《天上の赦免/Ethereal Absolution》

9点

全体修整が強力。4マナで2/2飛行トークンが出るようになる。

《回生+会稽/Revival+Revenge》

8点

蘇生能力はリミテッドでは活かしにくいか。自分のライフを倍、相手のライフを半分にする能力は決定打となりえる。

神話レア

《オルゾフの簒奪者、ケイヤ/Kaya, Orzhov Usurper》

8点

+1,+,1,+1,-5で6点ドレインが狙える。

《秤の熾天使/Seraph of the Scales》

8点

タフネス3は除去されやすい。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!《天上の赦免/Ethereal Absolution》はやばいニャ!

スポンサーリンク