「ラヴニカの献身」リミテッド評価:赤編

Limited
メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

ねこ
ねこ

今回は赤のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:赤

コモン

《嵐の一撃/Storm Strike》

6点

コンバットトリック。

《炎樹族の蛮人/Burning-Tree Vandal》

7点

暴動にルーター付き。

《瓦礫帯の世捨て人/Rubblebelt Recluse》

7点

マナレシオが非常に優秀。

 

《瓦礫読み/Rubble Reading》

4点

リミテッドではそこまで有効ではない。

 

《ゴーア族の破壊者/Ghor-Clan Wrecker》

7点

暴動に威迫付き。

 

《ゴブリンの集会/Goblin Gathering》

6点

使うなら複数枚確保したい。

《砂利皮のゴブリン/Gravel-Hide Goblin》

6点

グルールの序盤戦力。

《焦印/Scorchmark》

7点

軽量除去なので。

《棘輪の曲芸/Spikewheel Acrobat》

6点

3マナ5/2で出れば優秀なスペックをもつ。

《反逆の行動/Act of Treason》

6点

相手のファッティを奪ってフィニッシュを決めたい。

《批判家刺殺/Skewer the Critics》

8点

3点は大抵のクリーチャーを除去できる。

《摩損/Deface》

4点

モードがふたつあるのでサイドボード要因。

《燃えさかる炎/Burn Bright》

6点

全体パンプ呪文。《ゴブリンの集会/Goblin Gathering》と合わせると強い。

《野生のマーカ/Feral Maaka》

5点

バニラ。

《槍播き/Spear Spewer》

7点

1マナで1点クロックなので強い。

アンコモン

《猪の祟神の炎/Flames of the Raze-Boar》

8点

パワー4以上のクリーチャーをコントロールしていれば、相手のクリーチャーのみに2点飛ばせるので盤面を綺麗にできる。

おっことぬしファイア!

《災厄の行進/Cavalcade of Calamity》

5点

使えなくはないが、クリーチャーを出したい。

《騒がしいシャーマン/Clamor Shaman》

7点

暴動とブロック制限能力持ち。

《短剣使い/Dagger Caster》

8点

プチ《ゴブリンの鎖回し/Goblin Chainwhirler》。

《轟く遺跡/Rumbling Ruin》

8点

高マナレシオにメリット能力。暴動や順応持ちクリーチャーと合わせると勝ち筋のひとつになりえる。

《舞台照らし/Light Up the Stage》

7点

1マナ2ドローになりえる。絢爛で使いたい。

《ブリキ通りの身かわし/Tin Street Dodger》

7点

絢爛を豊富に取れた場合に活躍が期待できる。

 

《燃え立つ門/Gates Ablaze》

7点

全体火力は優秀だが、門を集めすぎると他のカードが弱くなるのが欠点。

《溶解区のイグナス/Smelt-Ward Ignus》

7点

《反逆の行動/Act of Treason》内蔵クリーチャー。

レア

《鏡の行進/Mirror March》

6点

運要素が強い。あと重い。

《焼身のシャーマン/Immolation Shaman》

7点

パンプアップして攻撃もできる。

《倍火/Amplifire》

8点

運要素が強いがで噛み合った際は10/10も狙える。出てすぐは除去されやすい。

《雷電支配/Electrodominance》

8点

X火力は除去としても本体火力としても優秀。おまけも優秀で隙ができにくい。

《リックス・マーディの歓楽者/Rix Maadi Reveler》

8点

ルーティング能力付き。後半は絢爛で3ドローも狙える。

神話レア

《スカルガンのヘルカイト/Skarrgan Hellkite》

9点

5マナ4/4暴動、飛行でも十分強い。盤面制圧能力もある。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!スカルガンのヘルカイトは構築でも活躍しそうニャ!

コメント