メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

 

ねこ
ねこ

今回は黒のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:黒

コモン

《疫病ワイト/Plague Wight》

6点

ブロックされにくい。

《奇怪な死/Grotesque Demise》

8点

システムクリーチャーから飛行まで除去できるのは強い。

 

《債務者の輸送/Debtors' Transport》

6点

6マナと重いので、死後2が活かしにくくやや点数は低め。

《屍肉インプ/Carrion Imp》

7点

数少ない飛行クリーチャー。2点ゲインも偉い。

《死の歓楽/Dead Revels》

7点

絢爛でキャストしたい。アドバンテージが取れるカードなので強い。

《奈落への放逐/Consign to the Pit》

7点

クリーチャー破壊は強いが重い。

《地下墓地のクロコダイル/Catacomb Crocodile》

5点

そうそう破壊されることのないカード。防衛の主力。

《地底街のゴミあさり/Undercity Scavenger》

7点

4マナ3/3にメリット能力付き。5/5になれば強い。

 

《地底街の抱擁/Undercity's Embrace》

7点

インスタント布告除去。ゲインできる機会はあまり多くないか。

《血に飢えた影/Thirsting Shade》

6点

3マナでパンプは起動しにくいが、絆魂付きで優秀。

《不正相続/Ill-Gotten Inheritance》

6点

膠着している状態で毎ターン1点ゲインしたい。

《有毒グルーディオン/Noxious Groodion》

6点

接死で大型クリーチャーと相打ちを狙う。

《刃の曲芸人/Blade Juggler》

7点

絢爛での評価。1ドローは強い。

《焼印刃/Bladebrand》

7点

アドバンテージが取れるコンバットトリック。

《ラクドスのラッパ吹き/Rakdos Trumpeter》

6点

ラクドスカラーでの評価。威迫とパンプは噛み合う。

アンコモン

《オルゾフの処罰者/Orzhov Enforcer》

7点

接死で相打ちできて、死後1は強い。

《オルゾフの強請り屋/Orzhov Racketeers》

7点

ハンデス能力は重いクリーチャーのため、効果を発揮できる機会は少ない。相手クリーチャーと相打ちを狙って、死後2を誘発させる使い方になるか。

《血液破綻/Bankrupt in Blood》

4点

リミテッドで2体生け贄にするのはリスクが大きいか。

《血霧の潜入者/Bloodmist Infiltrator》

7点

クリーチャー生け贄でアンブロッカブル。最後のひと押しにちょうどよいか。

《執念深い吸血鬼/Vindictive Vampire》

7点

膠着した盤面での1点ドレインは強い。

《尖塔の刻み虫/Spire Mangler》

8点

瞬速、飛行だけでも十分優秀。さらにコンバットトリック付き。

《ドリルビット/Drill Bit》

8点

絢爛で使いたい。「土地でないカード」を選べるので強力。後半に引くと腐りがち。

 

《肉儀場の叫び/Cry of the Carnarium》

8点

全体修整は強い。

《舞台一掃/Clear the Stage》

7点

汎用除去は強い。墓地から手札にクリーチャーを戻す機会は少ないか。

レア

《往時軍の覚醒/Awaken the Erstwhile》

4点

5マナでどれだけハンドが残っているだろうか。このカードを使う時点でアド損している点に注意。

《苦悶の泉/Font of Agonies》

4点

ライフを支払える環境をつくれるか疑問。

《死に到る霊/Pestilent Spirit》

8点

威迫、接死が優秀。呪文に接死付与はおまけ。

《どぶ骨/Gutterbones》

8点

1ターン目に出せるとかなり強力。墓地から何度も戻れるので、ブロッカーとしてもやや期待できる。

《忘れられた神々の僧侶/Priest of Forgotten Gods》

8点

リミテッドでは不要なクリーチャーを処理しながらドローしつつ展開していく動きが強い。

神話レア

《騒乱の落とし子/Spawn of Mayhem》

8点

3ターン目に3マナで出ればゲームを決めてくれる。比較的能力は素直。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!みんなはどんな評価になるニャ?

スポンサーリンク