メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

ねこ
ねこ

今回は青のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:青

コモン

《大ムンクルス/Humongulus》

4点

2/5は4マナのマナレシオ。呪禁もパワーが低く活かせる場面は少ない。ブロッカーとしては重いが、優秀。

《可能性の揺らぎ/Shimmer of Possibility》

6点

汎用サーチカード。ソーサリー。

《賢者街の学者/Sage's Row Savant》

6点

占術2が地味に便利。

《拘引者の忠告/Arrester's Admonition》

6点

附則版になった《排撃/Repulse》の下位互換。

《珊瑚の猛士/Coral Commando》

6点

3マナ3/2は青としては優秀なマナレシオ。バニラ。

《思考崩壊/Thought Collapse》

6点

ライブラリー破壊付きカウンター。

《しつこい請願者/Persistent Petitioners》

5点

2マナ域のブロッカーとして。能力はほとんど起動する場面はなさそう。

《精神純化/Clear the Mind》

4点

ライブラリー修復呪文。キャントリップ付き。サイドボードとして活躍できるかも。

《スライム縛り/Slimebind》

6点

コンバットトリックや回避能力封じとして活躍できそう。

《詮索の目/Prying Eyes》

5点

効果は悪くないが重い。デッキに1枚で十分なので、ドラフトでは簡単に流れてきそうなので点数は低め。

《速足ウツボ/Skitter Eel》

7点

4マナ3/3で、順応で次のターンに5/5になれる。戦力のベースになるカード。

《火消し/Quench》

7点

軽くて使いやすいカウンター。

《評議会の急使/Senate Courier》

6点

飛行ブロッカーとして活躍できるが、アタッカーとしては微妙。

《フェアリーの決闘者/Faerie Duelist》

7点

コンバットトリック内蔵クリーチャー。瞬速飛行だけでも偉い。

《冷気をもたらす者/Chillbringer》

7点

5マナで飛行のフィニッシャー枠。

アンコモン

《一面の視線/Eyes Everywhere》

6点

相手が青でなければ《押収/Confiscate》に近い使い方ができるカード。フィニッシャーを奪えれば強い。多色環境なので、点数はやや低め。サイドボードカードか。

《渦巻く激流/Swirling Torrent》

6点

両方を選ぶ前提の点数。ボードアドバンテージに差をつけられる。アドバンテージ損もなく優秀。デッキには1枚でいいため点数低め。

《エイ翼のスパイ/Skatewing Spy》

8点

順応すればフィニッシャー級。シミック順応デッキでは出すだけでフィニッシャーにもなれ、期待大。

《制動規範/Code of Constraint》

7点

コンバットトリック。アドバンテージを失わないので強い。

《本質の把捉/Essence Capture》

8点

リミテッドではクリーチャーが出ないことはありえないので、非常に強力。カウンターとクリーチャー強化で一気に盤面に差をつけられる。3マナ以上のクリーチャーをカウンターしたい。

《プテラマンダー/Pteramander》

8点

6マナ以下で順応できれば十分強い。このカードのためにインスタント・ソーサリーを詰めてデッキを歪めることはしないほうがよい。

《暴風のドレイク/Windstorm Drake》

7点

飛行クリーチャーのロード。

《迷える思考の壁/Wall of Lost Thoughts》

5点

2マナ0/4の壁は地上を抑えるのにそれなりに使える。

 

《門道の密行者/Gateway Sneak》

7点

門が出せれば強いけど、出せなきゃただのブロッカー。ドローは強い。

 

レア

《集団強制/Mass Manipulation》

6点

戦力を奪えるのは強いが、マナシンボルが捻出できるか怪しい。環境の速度次第では+1点。

《真理の円/Verity Circle》

6点

タッパーとしての評価で6点。やや重いがアドバンテージが取れる。有利盤面を更に有利にするようなカード。

《水底の生術師/Benthic Biomancer》

6点

3マナ2/2ルーティング能力付き。

《予見のスフィンクス/Sphinx of Foresight》

8点

マナレシオが優秀で強い。

《予知覚/Precognitive Perception》

8点

3枚ドローは強い。

神話レア

《眩惑する水底種/Mesmerizing Benthid》

8点

防御能力が高いタコさん。タッチするにはダブルシンボルなのがネックか。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!シールドとドラフトでも点数が変わるので注意ニャ!

スポンサーリンク