「ラヴニカの献身」リミテッド評価:白編

Limited
メイ
メイ

「ラヴニカの献身」のリミテッド点数が知りたいニャ!

ねこ
ねこ

今回は白のカードに点数をつけていくニャ!

点数表の見方(目安)
10点,極めて強力で、見かけたら色を変えてでも取るべき(使うべき)カード。
9点,極めて強力で、この1枚のためだけにでもその色を散らすことを考慮すべきカード。
8点,強力なカードで、色が合っていればデッキに入らないことはありえない。 だいたいこの辺のカードの有無がメインカラーの決定基準になる。
7点,メインカラーの主戦力を成すレベルのカード。 (例:4マナ3/3に能力がある、3マナ2/2飛行など。)
6点,戦力として期待できるカード。 (例:4マナ3/3バニラ、3マナ2/2に有用な能力があるなど。)
5点,戦力として使えなくはないカード。デッキに入るボーダーライン。 (例:3マナ2/2バニラ、)
4点,まあ戦力になればラッキー、又はサイドボードとしてなら使えるカード。
3点,明らかに弱いカード。よほどカードプールが貧弱ならば出番があるかもしれない。
2点,相手のデッキに入っていたら驚くカード。はっきり言って弱すぎる。
1点,いかなる状況においても、メインにもサイドボード後にも入ることはありえない。 これを入れるくらいなら基本土地を入れた方がマシ

mtgwiki:ドラフト点数表より引用

「ラヴニカの献身」リミテッド評価:白

コモン

《うろつくカラカル/Prowling Caracal》

5点

バニラ。

《悲しみの騎士/Knight of Sorrows》

4点

追加で1体のクリーチャーをブロックするメリット能力を持つがタフネスが低く活躍できる場面は少ない。

死後1も5マナにしては弱く、遅い。

《協約のペガサス/Concordia Pegasus》

6点

スペックは普通だが、飛行持ち。

《拘引者の熱情/Arrester’s Zeal》

7点

コンバットトリックとしての使い道と、飛行で攻撃を通す2つの役割が担えるカード。

《公判への移送/Bring to Trial》

6点

相手のクリーチャーのパワーに依存するので腐る場合もあるが、数少ない除去。

 

《護民官の重鎮/Civic Stalwart》

6点

マナレシオは普通だが、CIP能力があり、戦力として期待できる。

《情熱的な扇動者/Impassioned Orator》

7点

早期に着地すれば多量のライフゲインも期待できる。

《組織の伝書使/Syndicate Messenger》

7点

マナレシオは並みだが、死後1の能力持ち。

《大司法官の扉/Justiciar’s Portal》

5点

コンバットトリックとして使える可能性のあるカード。

《第10管区の古参兵/Tenth District Veteran》

7点

マナレシオは並みだが、警戒とアンタップ能力のふたつの能力を持つ。

《黄昏の豹/Twilight Panther》

6点

オルゾフカラーで活躍できるカード。

《ハズダーの士官/Haazda Officer》

7点

3マナパワー3とマナレシオがよく、ETB能力持ち。

《日晒し/Expose to Daylight》

4点

サイドボードカード。

《用心深い巨人/Watchful Giant》

4点

6マナとしては守備的なカードでゲームの決定打にならない。

《略式判決/Summary Judgment》

8点

附則持ちで汎用性の高い除去。

アンコモン

《アーチ道の天使/Archway Angel》

6点

飛行持ちで門ひとつにつき2点ライフゲインできるが、やや低マナレシオ。

《毅然たる番犬/Resolute Watchdog》

6点

パワーのある防衛持ちで使いやすい。破壊不能付与も役立つ。

《債務の聖職者/Ministrant of Obligation》

8点

3マナ2/1に死後2が付いている。序盤に相打ちできると高いクロックが期待できる。

《尖塔の霊/Spirit of the Spires》

7点

飛行にメリット能力持ち。

《空の縛め/Sky Tether》

6点

疑似除去。飛行の枚数を確保できているば+1点。

《戦いへの結集/Rally to Battle》

7点

数少ないコンバットトリック。

《立ちふさがる霊/Forbidding Spirit》

8点

3マナ3/3と高マナレシオで、攻撃制限のメリット能力持ち。

《天使の称賛/Angelic Exaltation》

8点

場が膠着している状態で飛行持ちクリーチャーを強化できれば、エンドカードになる。

《歩哨の印/Sentinel’s Mark》

7点

瞬速付きでコンバットトリックとしても使え、附則能力で絆魂を得ることができる。

レア

《息詰まる徴税/Smothering Tithe》

3点

リミテッドで3色以上の多色を組むなら出番があるかも。

《第1管区の勇士/Hero of Precinct One》

8点

多色を集められればかなりのアドバンテージを生むカード。

《徴税人/Tithe Taker》

8点

相手へのマナコスト増加能力と死後1のメリット能力を2つを持つ。

《のし歩く城塁/Lumbering Battlement》

8点

大型クリーチャーで高マナレシオで警戒付き。追放能力をメリットとして使えればアドバンテージを取れる可能性もある。

《不敗の陣形/Unbreakable Formation》

9点

附則で使えば、破壊不能、警戒、+1/+1カウンターでエンドカードになりえる。

神話レア

《恩寵の天使/Angel of Grace》

9点

文句なしのフィニッシャー。瞬速でコンバットトリックも狙える。

 

ねこ
ねこ

初見ではこの点数ニャ!ドラフトでは1週してくるかどうかでも点数が変わってくるので注意が必要ニャ!

コメント