メイ
(メイ)

「魔道士の怒り/Wrath of Mages」ってどんなデッキなのニャ?

ねこ
ねこ

スペルが主役のデッキなのニャ!魔法使いの怒りを受けるニャ!

青赤デッキ「Wrath of Mages」を解説!

デッキリスト

Creatures (16)

3:《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》
1:《神秘の考古学者/Mystic Archaeologist》
3:《ヴォーデイリアの秘儀術師/Vodalian Arcanist》
2:《エイヴンの風魔道士/Aven Wind Mage》
3:《奇怪なドレイク/Enigma Drake》
2:《どぶ潜み/Guttersnipe》
1:《荒くれ船員/Rowdy Crew》
1:《秘密の回収者/Salvager of Secrets》

Spells (19)

1:《苦悩火/Banefire》
3:《シヴの火/Shivan Fire》
2:《一瞬/Blink of an Eye》
3:《分散/Disperse》
1:《幻惑の旋律/Entrancing Melody》
2:《稲妻の一撃/Lightning Strike》
2:《火による戦い/Fight with Fire》
1:《反復連射/Repeating Barrage》
3:《ふるい分け/Sift》
1:《川の叱責/River’s Rebuke》

Lands (25)

4:《高地の湖/Highland Lake》
10:《島/Island》
10:《山/Mountain》
1:《硫黄の滝/Sulfur Falls》

こちらのページから、MTGアリーナ用デッキリストをコピーできます。日本語版英語版

序盤の動き方

《ギトゥの溶岩走り/Ghitu Lavarunner》は墓地にインスタントかソーサリーがあると、+1/+0修整と速攻を受けるクリーチャーです。《シヴの火/Shivan Fire》などで相手のブロッカーを除去して速攻を決めていきましょう。

中盤の動き方

《どぶ潜み/Guttersnipe》はインスタントかソーサリーを唱えるたびに、対戦相手に2点のダメージを与えるクリーチャーです。《ふるい分け/Sift》などのドロースペルで手札と墓地を肥やしながら、相手にダメージを与えていきます。

終盤の動き方

終盤は《奇怪なドレイク/Enigma Drake》の出番がついにやってきます。墓地に溜めたインスタントとソーサリーの分パワーが上がっていくので、インスタントとソーサリーの多いこのデッキではパワー5以上になることも珍しくありません。飛行を持ちブロックされにくいので相手に大ダメージを与えましょう。

ある程度ライフを削ったならば、《苦悩火/Banefire》の射程圏内に入ってきます。マナを注ぎ込んだ分のダメージを相手に与えるので後半になればなるほど強いカードです。X=5以上でプレイすてば打ち消されないのでフィニッシュにぴったりのカードです。もちろんクリーチャーやプレインズウォーカーの除去にも使えます。

 

デッキの強化先としてIzzet Drakeもおすすめです!

スポンサーリンク