青単色デッキ「秘儀での発明/Arcane Inventions」を解説!
メイ
(メイ)

「秘儀での発明/Arcane Inventions」ってどんなデッキなのニャ?

ねこ
ねこ

アーティファクトを使いながら飛行クリーチャーで戦うデッキなのニャ!

青単デッキ「秘儀での発明/Arcane Inventions」を解説!

デッキリスト

Creatures (27)

3:《機械職人の神童/Gearsmith Prodigy》
1:《金剛牝馬/Diamond Mare》
4:《耕地這い/Field Creeper》
2:《エイヴンの風魔道士/Aven Wind Mage》
3:《飛行の先駆者/Aviation Pioneer》
1:《練達飛行機械職人、サイ/Sai, Master Thopterist》
1:《大嵐のジン/Tempest Djinn》
2:《金色の歩哨/Gilded Sentinel》
2:《星学者/Scholar of Stars》
3:《大気の精霊/Air Elemental》
2:《機械職人の守護者/Gearsmith Guardian》
1:《謎かけ達人スフィンクス/Riddlemaster Sphinx》
1:《ランプのジン、ザヒード/Zahid, Djinn of the Lamp》
1:《隕石ゴーレム/Meteor Golem》

Spells (4)

2:《分散/Disperse》
1:《混迷/Befuddle》
1:《予言/Divination》

Artifacts (1)

1:《秘儀大全/Arcane Encyclopedia》

Enchantments (3)

3:《水結び/Waterknot》

Lands (25)

25:《島/Island》

こちらのページから、MTGアリーナ用デッキリストをコピーできます。日本語版英語版

序盤の動き方

まずは、《耕地這い/Field Creeper》や《飛行の先駆者/Aviation Pioneer》、《エイヴンの風魔道士/Aven Wind Mage》といったクリーチャーを展開していきます。地上と飛行をバランスよく展開して、序盤から飛行で攻撃していきます。

中盤の動き方

序盤に展開したアーティファクトのおかげで《星学者/Scholar of Stars》を場に出すことでカードを1枚引くことができます。場の戦力を固めながらドローを行い、カードアドバンテージを取っていきます。

《水結び/Waterknot》を使うタイミングはしっかり考えて使いしょう。序盤に使わずに中盤で、相手の大型クリーチャーに合わせて使うのが有効です。

《分散/Disperse》は相手のカードを手札に戻せるバウンス呪文です。やみくもに使うとカードを1枚分損するので使い方が難しいカードです。エンチャントで強化されたクリーチャーや、トークンに使用すると効果的です。もしくは、大型クリーチャーをバウンスして、相手のテンポを崩す使い方をするようにしましょう。

終盤の動き方

青は「飛行」を最も得意とする色です。中盤でアドバンテージを得ながら地上を膠着させた後は《大気の精霊/Air Elemental》、《謎かけ達人スフィンクス/Riddlemaster Sphinx》、《ランプのジン、ザヒード/Zahid, Djinn of the Lamp》の大型飛行クリーチャーで相手のライフを一気に削りましょう。

スポンサーリンク