Draftって何?

Limited
メイ
メイ

ドラフトってどんな風にやるニャ?

MTGアリーナからMTGを始めた方はドラフトというのは未知のフォーマットではないでしょうか。他のカードゲームでみかけないフォーマットだと思います。今回はドラフトについて解説します。

ドラフトとは?

ブースタードラフトはあらかじめ用意したデッキではなくブースターパックを開封してその場でデッキを組んで対戦するリミテッドフォーマットです。

ドラフトでは、まず各プレイヤーがブースターパック1個を開けてカードを1枚選びます。続いて全員、残りのカードを左隣のプレイヤーに渡し、各プレイヤーは受け取ったカードから再び1枚カードを選び、また渡します。これをパックのすべてのカードが選ばれるまで繰り返します。次に、各プレイヤーは2つ目のパックを開け、同様にカードを選びますが、残りのカードは右隣に渡します。すべてのカードが選ばれたら、3つ目のパックも同様に選びますが、今度は左隣に渡します。


すべてのカードを選び終わったら、手元のカードを使ってシールドデッキ同様に、デッキを構築して対戦します。
ブースタードラフトのデッキは以下の構築ルールが適用されます。

  • デッキ枚数は40枚以上(上限なし)
  • デッキに使用しなかったカードがすべてサイドボードになる
  • 同名のカードは何枚でも入れられる
  • 基本土地(《平地》《島》《沼》《山》《森》)は選んだカードに入っていなかったとしても、何枚でも入れることができる

https://mtg-jp.com/gameplay/format/draft.htmlより引用

パックをカードの入手のために開けるだけでなく、パックを開けることをフォーマットにしてしまうなんて、ドラフトを考えた人は天才ですね。

ドラフトを実況動画にしました!

【MTGA】東北イタコのネコでも分かるMTGアリーナ実況 Draft編

ドラフトのプレイ方法の説明と、実際にどんな風にカードを取っていくのかを、対戦動画も合わせて実況動画にしました。

クイックドラフトでも参加費は5,000 Gold or 750 Gemsなので、少しコストのかかる遊び方になるので、ちょっと敷居が高く感じると思います。今回投稿した動画を見て頂いて、ドラフトの雰囲気を感じてもらえると嬉しいです。

コメント